ガチガチな乾燥かかとにさようなら♡ 保湿ケアで抜かりなしのボディケア術

「ガチガチかかと」は保湿ケア前の角質除去が大切!

ガチガチな乾燥かかとにさようなら♡ 保湿ケアで抜かりなしのボディケア術の1枚目の画像

ガチガチと象さんのような乾燥かかと…。ストッキングを履くときもガサガサとして、うっかり伝線させてしまった経験のある女性も多いのではないでしょうか?

乾燥や外部刺激により古い角質が溜まり、厚くなってしまうことが「ガチガチかかと」の原因のひとつと言われています。

身体の重さを支えるかかと(足裏)だからこそ、ダメージを受けてガサガサしやすいんですね。

いくらガチガチかかとをケアしようと思っても、古い角質が残ったままでは保湿液が浸透しづらく、キレイに整えるのは難しいと言われてます。

そこでまずは保湿前に角質ケアをするのがオススメなんです◎入浴後など皮膚が柔らかい状態で角質ケアをして、保湿しやすいかかとに整えてあげましょう♡

でも、くれぐれも角質の取り過ぎには注意してくださいね。



コットンやラップを活用してたっぷり保湿ケア♡

古い角質が取り除けたら、いよいよ保湿ケアです。乾燥しやすいかかと部分は、時間をかけてたっぷり保湿ケアしてあげてください♡

保湿ケアの方法としては、コットンに化粧水をたっぷりと含ませて、かかとに貼り付けてみましょう!そのまま10分ほど置いてみるだけでもいいですが、ラップを巻いて、その上から靴下を履いて保湿するのも、効果を高めるためにオススメですよ◎

化粧水を浸透させた後は、マッサージをするようにクリームやオイルを塗っていきましょう。かかとのガサガサは血行不良が原因の場合もあるので、マッサージで血流を良くするイメージで行ってみてください♡



ガチガチかかとは日頃の予防も大切です!

ガチガチな乾燥かかとにさようなら♡ 保湿ケアで抜かりなしのボディケア術の2枚目の画像

かかとのガサガサ、ガチガチを解消するためには角質除去や保湿ケアが大切ですが、一番は「予防する」ことです!

日常生活のなかで足裏への衝撃を減らすことを心がけるだけでも、ガチガチかかとに悩まされる可能性は低くなっていきます。部屋の中ではなるべく素足を避け、靴下やスリッパを履く習慣を作ってみましょう。

いくら気をつけて過ごし、ケアをしていても、ガチガチかかとが治らない…という時は水虫が原因ということもあるようです…。いっこうに治る気配がない時には、病院で相談してみてくださいね。

今回はガチガチかかとをケアするコツを紹介しました。

かかとは乾燥ダメージを受けやすい部分だからこそ、多面的なケアが大切です。また、角質ケアをしてから保湿するなど、ケアの順番にも気を配ってみてくださいね。

ケアのコツをしっかりとおさえて、赤ちゃんのようなつるすべかかとをゲットしていきましょう♡

「#フットケア」の記事をもっと見る

関連記事

今、あなたにオススメ