眉メイクがうまくできない人必見!美人見えするまゆ毛の描き方

キマらない眉の原因のほとんどは『眉頭』にあり!

なんだか、眉が太く感じる、目元に対して眉の形がなんとなく不自然、眉が勇ましい…など、眉が不自然に感じる時はありませんか?

実は原因のほとんどは眉頭にあります。眉頭の形が少し違うと、顔の中で眉だけが浮いて見えてしまい、なんだか不自然な印象に。

反対に、眉頭の形を整えると一気に自然に見えてきます。

なんだか眉がキマらない方は、ぜひ次の2つのポイントを意識して眉を描いてみてください!

【ポイント①】眉頭の上の部分よりも、眉頭の下の部分が内側になるように描く

眉メイクがうまくできない人必見!美人見えするまゆ毛の描き方の1枚目の画像

鼻筋に繋がるような自然な眉になるように、眉頭の上の部分よりも、眉頭の下の部分が鼻筋に近くなるように、1.2mm内側に描きます。

ほんのわずかなこの差で、自然な始まりの眉になるのでここがとても大切なポイントです。

【ポイント②】眉頭の上は丸く、眉頭の下は少し角をつけて描く

眉メイクがうまくできない人必見!美人見えするまゆ毛の描き方の2枚目の画像

眉頭の2つ目のポイントは、眉頭の上は少し丸みをつけて、眉頭の下は少し角をつけて描いていきます。ココは眉頭が綺麗に見えるかどうかの大きなポイント!

もし、これが眉頭の上下、両方に角があると、男性的でとても強く勇ましい印象の眉になります。

反対に眉頭の上下、両方に丸みがあると、自然な眉からかけ離れたなんだか間の抜けた印象になってしまいます。

この2つのポイントで眉頭を描いていくだけで、とても洗練されて自然な眉になるので、このポイントはぜひお試しください!

眉の角度が印象を決める

眉メイクがうまくできない人必見!美人見えするまゆ毛の描き方の3枚目の画像

眉頭が決まったら、今度は眉の角度をチェック!ポイントは、『眉頭から眉山まで』の角度。

実は美人と言われる方たちは、眉頭から眉山までがとてもなだらかで、ストレートな眉の方が多いのです。

眉頭から眉山までは、あまり角度をつけずになだらかに描いていくと、今までの眉がとても美しく変化します。

色をチェンジすると肌の明るさが変わる

最後は眉の色をチェック。

「ビフォーアフターでよく分かる!自分に合う垢抜け眉カラーの選び方」でもご紹介させて頂きましたが、眉の色が変わると、肌の印象がとても明るく見える効果があります。

眉メイクがうまくできない人必見!美人見えするまゆ毛の描き方の4枚目の画像

迷ったら『明るめ』の色をチョイス!眉のカラーを一段階、明るくするだけで顔全体の印象が明るく見える効果大です!

髪の色に対して、眉が明るすぎるのでは?と思っても、明るい色で眉を描いてみると意外としっくり柔らかい印象に仕上がることが多いです。

眉のカラー選びで迷ったらぜひ明るめのカラーを選んでみてください。それだけで、メイクがとても華やかになります。

なかなかキマらない眉を美しくチェンジするポイントのまとめです。

・眉頭の2つのポイントをおさえて描く
・眉頭から眉山までの角度をなだらかにする
・眉の色を明るめにチェンジ

こちらの3つのポイントで、みなさんの忙しい朝の眉メイクが少しでも楽に、そして今までよりもさらに『綺麗な眉を描く』ためのヒントになれば幸いです。ぜひお試しください!

「#アイブロウ」の記事をもっと見る

1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡