「いい子」をやめたら愛された♡本命女子になるために変えたいこと5つ

相手の心を深読みしない

「いい子」をやめたら愛された♡本命女子になるために変えたいこと5つの1枚目の画像

先回りして相手の気持ちを考えられるのは「優しくて、いい子」ですよね。しかし「きっと○○かもしれない」なんて、本当かどうか分からないことで悩んでしまうことも。

どんなに観察したとしても、自分以外の誰かの気持ちがはっきり分かることはありません。「もしかしたら…」の話でマイナス思考にならないように過ごしていきましょう!

何でもひとりで頑張らない

人に頼ったり甘えたりするのが苦手な「手のかからない、いい子」。何でもひとりで頑張り過ぎてしまっていないでしょうか…?

「少しはわがままになってもいい」と言われても、やっぱりそれが苦手な「いい子」キャラな女性は多いと思います。まずは「頑張り過ぎない」を目標にしてみてくださいね。

男性を甘やかし過ぎない

男性に頼まれると断れない、なんて「いい子」な女性も多いはず。「まったく…」とは思いつつ、甘えられると母性本能がくすぐられてイヤな気もしない、なんてことも。

しかし「優しさ」と「世話焼き」は別物。恋愛相手ではなくオカンになっては本命からますます遠ざかってしまいます…。時には男性のことを放置したりスルーしたりすることも大切ですよ。

冒険心を忘れない

「いい子」をやめたら愛された♡本命女子になるために変えたいこと5つの2枚目の画像

人目が気になってしまう「いい子」はファッションやメイクなど外見面でも無難になりがちです…。せっかく気合いを入れたい日の朝に時間をかけて洋服を選んでも、結局いつものコーデでお出かけしてしまう、なんて「いい子」キャラな女性も多いのでは?

まずはひとりきりの休日に、いつもと違う洋服やメイクにトライしてみるのもオススメです。新しいじぶんを発見をするためにも、少しずつ冒険していきましょう♡

自分を責めない

自分よりも、まわりの意見を尊重しがちな「いい子」キャラな女性。何かあると「自分なんて…」「あの時ああしていれば…」なんて自分を責めてしまいがちです。

「人に優しく、自分に厳しい」のは悪いことではありませんが、自分ばかり責める姿に“重い女”と思われてしまうことも。何かトラブルが起こったときは、客観的に問題を捉えるようにしてくださいね。

今回は「いい子」と言われがちな女性が「本命」になるために“変えたいこと”を紹介しました。

捉え方によっては美点にも欠点にも思われがちな「いい子」キャラ。愛され女に変身するために、ぜひ“変えたいこと”を実践してみてください♡

「#本命」の記事をもっと見る

1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡