アイメイクが10倍キレイに見える♡ アイシャドウチップ使い分けのコツ

広範囲にカラーをのせるときはチップを使わない!

皆さんは、アイメイクをする際、何を使用してメイクをされていますか?ブラシを使用せずに、アイシャドウに元々付いているチップを使用されている方も多いのではないでしょうか。

チップはアイシャドウを塗りたい場所にピンポイントでのせられたり、しっかりとアイシャドウを発色させることが出来る万能ツールです。
逆に、しっかりと発色してしまうので、広範囲にカラーをのせる場合、全体へ柔らかな発色で広げにくく不向きなアイテムとなっています。

アイホール全体へハイライトカラーやベースカラーをのせるときは大きめのブラシや指を使用してやわらかな発色に、次のメインカラーやアクセントカラー、キワへ濃いカラーをのせるときはチップをフル活用してお気に入りカラーを強調していきましょう!

普通サイズのチップの活用方法:発色の良さを活かして!

アイメイクが10倍キレイに見える♡ アイシャドウチップ使い分けのコツの1枚目の画像

まずは、普通サイズのチップの活用方法。アイシャドウのメインカラーをチップでのせて、しっかり発色させてアイメイクを楽しみましょう。

ブラシや指と違って、発色がぼやけず、パッと見たままのカラーをまぶたにのせられるので、お気に入りカラーを更に楽しむことが出来ますよ!

二重幅にアイシャドウをのせる際に活用してみて下さい。

アイメイクが10倍キレイに見える♡ アイシャドウチップ使い分けのコツの2枚目の画像

更に、ラメのアイシャドウをのせるときにも便利です。指でポンポンとのせるのも良いですが、指にラメが付かないので汚れなかったり、指にラメが残ってしまったりしないので、ラメ感をしっかり楽しむことが出来ます。

指でのせるよりもピンポイントでラメをのせられるので、目頭や下まぶたへのせる際にも便利です。

また、アイメイクを終えたあと、何も付いていないチップで全体をキワから上へスライドするようにしてなじませていけば、しっかり全体がブレンドされて綺麗なグラデーションを作ることが可能です。何となく全体がなじんでいないなと感じるときや、アイシャドウの境目が気になる際に行ってみて下さいね!

細チップの活用方法:チップを立ててさらに細ラインに!

アイメイクが10倍キレイに見える♡ アイシャドウチップ使い分けのコツの3枚目の画像

続いて、細チップの活用方法。細チップは普通サイズのチップとセットで、アイシャドウに元々付いていることが多く、締色をキワにのせる際に使用される方も多いのではないでしょうか。

細チップをそのまま使用しても、細いラインを引くことは可能ですが、寝かせず立てて使うことで、まぶたに当たる面が小さくなるので更に細いラインを引くことが可能です。

よく使うのが、アイシャドウを使用して、アイラインのように締色をのせる使用方法。その際に、細チップを立ててラインを引くことで、メインカラーをつぶさずに、目を開けたときにさりげなく目元を引き締めることが出来ます。

キワや目尻にアクセントカラーをライン状にのせたいときにも使える小技です。はねあげラインもこの方法で綺麗に引くことが出来ますよ!

アイメイクが10倍キレイに見える♡ アイシャドウチップ使い分けのコツの4枚目の画像

更に、アイシャドウで囲い目をしたいときにも大活躍してくれます。特に下まぶたのキワへラインを引く際に、細チップを使用することで初心者さんでも綺麗なラインを引くことが出来ます。

チップを使用することで、上手くアイシャドウがぼやけてくれるのでしっかりとまぶたとなじみ、ラインっぽさが無くなり、自然なラインが出来上がります。

チップは使い方次第で、アイメイクを更に魅力的にしてくれる素敵なツールです。なりたい自分に合わせて、毎日のメイクでちょこっとだけ使い分けをしてみて下さいね!

「#アイシャドウ」の記事をもっと見る

1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事