アイラインの引き方を変えるだけ♡ なりたい顔になるコツを徹底レクチャー

アイライナーの種類と使い分け


リキッドアイライナー

アイラインの引き方を変えるだけ♡ なりたい顔になるコツを徹底レクチャーの1枚目の画像

くっきりとしたラインがひけるのが特徴のリキッドライナー。目元の印象を特に強くしたいメイクに使うのがおすすめです。ブラックはより印象的、ブラウンは優しい印象になるので、その日のメイクに合わせて使い分けるのが大事です!


ペンシルアイライナー

アイラインの引き方を変えるだけ♡ なりたい顔になるコツを徹底レクチャーの2枚目の画像

ナチュラルで柔らかい印象になるので、ナチュラルメイク好きさんにはペンシルタイプがおすすめです。濃くなりすぎるのは苦手だけれど、目元がぼんやりするのも嫌だ…という方や、アイライン初心者の方にも使いやすいアイテムです。


カラーアイライナー

アイラインの引き方を変えるだけ♡ なりたい顔になるコツを徹底レクチャーの3枚目の画像

いつものシンプルなアイメイクにカラーのアイラインをひくだけで一気にこなれ感が出る魔法のアイテムです! カラーメイク初心者の方や、カラーメイクに挑戦したい方に特におすすめです!


初心者さんにもおすすめ、基本の引き方

アイラインの引き方を変えるだけ♡ なりたい顔になるコツを徹底レクチャーの4枚目の画像

① 目の中心(黒目の上)あたりから引き始める。
最初に黒目上から目尻にかけて引くと、目頭から引くよりも失敗しにくくなります!

② 目頭から中央まで残りのラインを引いて繋げる。
難しい場合は点と点を繋げるように、少しずつ引くのがポイントです。

アイラインの引き方を変えるだけ♡ なりたい顔になるコツを徹底レクチャーの5枚目の画像

ポイントは、まつ毛の隙間を埋めるように引くこと! まつ毛の生え際が抜けると、浮いているように見え、違和感が出てしまうので注意です。まぶたを指で上げて押さえながら引くのもおすすめの方法です。


なりたい目はアイラインの引き方で叶う!


タレ目で柔らかい印象に♡

アイラインの引き方を変えるだけ♡ なりたい顔になるコツを徹底レクチャーの6枚目の画像

目尻を3mm~5mmほどラインを伸ばします。跳ね上げないように下向きにしましょう!

下まぶたの目尻側にペンシルライナーで影を作り、指でぼかすと更にタレ目な印象に。柔らかいだけでなく、デカ目効果も抜群にあります!


ネコ目でクールな印象に♡

アイラインの引き方を変えるだけ♡ なりたい顔になるコツを徹底レクチャーの7枚目の画像

基本のアイラインを引いた後に、目尻を跳ね上げさせます。

黒目の端あたりから、跳ね上げラインまでを繋げて、その間を埋めて完成です。目尻にしっかりラインを引くので目元の印象を強くしてくれます!

アイラインの引き方をマスターして、なりたい印象を叶えてくださいね!

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡