世界一わかりやすい「コンシーラー」特集 | #OVER25のぼり坂美容 | (ほおの毛穴、ニキビ、小鼻の赤み、シミ、目の下のくま)

【目次】
・25歳を過ぎたら“微調整”が理想の肌への近道! 今こそ「コンシーラー」の使い方をマスター
・【PART1】毛穴もニキビ跡もカバーして理想の美肌に♡ 今どきメイクに絶対必要な「コンシーラー」基本のキ
・【PART2】まぶたや小鼻、口角のくすみもささっと消せる♡ コンシーラーでできる「お悩み解消テクニック」4選
・【PART3】人気ヘアメイクが自腹買いする名品&新作コンシーラー
・【PART4】くまやくすみよさようなら♡  薄ずき&透明感美肌が叶う「名品&新作コンシーラー」まとめ
・【PART5】小顔に見える! 鼻が高くみえる!? コンシーラーの「応用テクニック」Q&A

25歳を過ぎたら“微調整”が理想の肌への近道! 今こそ「コンシーラー」の使い方をマスター
誰もがひとつは持っているのに、なかなか使いこなせないコンシーラー。選び方から使い方まで、『MORE』本誌連載でもおなじみのpaku☆chanさんが伝授します。今回お届けするのは、コンシーラーの基本のキです♪

【教えてくれたのは……ヘア&メイク・paku☆chanさん】
トレンドと実用のバランスに定評がある実力派アーティスト。ロジカルに組み立てるメイク論が人気。
ブラウス¥9250/フリークス ストア渋谷(フリークス ストア) ピアス¥4500/Aura リング¥1800/サンポークリエイト(アネモネ)
【PART1】毛穴もニキビ跡もカバーして理想の美肌に♡ 今どきメイクに絶対必要な「コンシーラー」基本のキ
Q1.そもそもコンシーラーって何者なの?
A.美肌づくりに欠かせないマルチツール!

「もともとはファンデーションでは隠しきれないトラブルをカバーするためのものですが、最近はテクスチャーもカバー力もさまざまなので、一本でベースメイクを完成させることも可能です」(paku☆chanさん、以下同)
Q2.ファンデーションだけじゃダメなの?
A.厚塗りにしたくないならコンシーラーを!

「ファンデーションだけで悩みを隠そうとするとどんどん厚塗りになってしまうので、ファンデーションでトーンや質感を整え、隠しきれない部分はコンシーラーの力を借りて」
Q3.コンシーラーを使えばファンデーションはいらない?
A.ものによってはOK!

「コンシーラーも日々進化しています。最近ではファンデーション級にのびのいいものや薄膜に仕上がるものもあるので、そういうアイテムを選べばOK」
Q4.いつ使うのが正解?
A.基本的にはファンデーションの後!

「ファンデーションのタイプによって使うコンシーラーは異なりますが、部分的な悩みを隠すなら、ファンデーションで仕上げた後、カバーしきれない部分にプラスするのが正解。色&トーンはファンデーションと同じでOK
粉っぽさゼロのテクスチャーが、肌に極薄フィット。アンクル ド ポー オール アワーズ コンシーラー(全3 色)¥4600/イヴ・サンローラン・ボーテ●ファンデーションのタイプによってコンシーラーを使い分けするポイントを紹介!
★リキッドファンデーションと一緒に使うなら!
リキッドやクリームファンデーションにはつや感のある筆ペンタイプを。マキアージュ コンシーラーリキッド EX SPF18・PA++(全2 色)¥2500(価格は編集部調べ)/資生堂 
★パウダリーファンデーションと一緒に使うなら!
パウダリーファンデーションにはマットなスティックが◎。ケイト スティックコンシーラーA(全2 色)¥800(価格は編集部調べ)/カネボウ化粧品Q5.肌悩みがなければコンシーラーを使わなくてもいい?
1
2
3
4
5
6

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事