【レシピあり】風邪予防・疲労回復も♡レモンの知られざるパワーとは?!


(2)鍋に〈スープ〉の(A)と〈具材〉を入れ、蓋をして加熱する(ポッカレモン100の場合は、スープの中に入れる)。


(3)全体が温まったら牛乳とバターを加えて沸騰直前まで加熱し、粉チーズをぱらぱらとかけて火を止める。レモンは、2~3mm程に薄くスライスすることをおすすめします。



【レシピその③】もやしレモン湯豆腐


【レシピあり】風邪予防・疲労回復も♡レモンの知られざるパワーとは?!の4枚目の画像
もやしレモン湯豆腐


湯豆腐にレモンを入れるとレモンの酸味で塩分を少なくすることができるんです。

だしや、きのこをいれてうま味たっぷりのレモンの美味しい「減塩レシピ」をご紹介致しましょう。


【材料/2人分】

〈スープ〉

●だし汁:800cc

●薄口醤油:小さじ2

●ポッカレモン100:大さじ2 〈レモンポン酢(作りやすい分量)〉

●みりん:大さじ1

●醤油:大さじ3

●ポッカレモン100:大さじ3

●昆布:3g


〈具材〉

●絹ごし豆腐:1丁

●しいたけ:2枚(40g)

●子大豆もやし:1袋

●レモン:1個(ポッカレモン100:大さじ2)

●ねぎ:1本(100g)


【作り方】

(1)〈レモンポン酢〉を作る。小瓶に材料全てを入れる。1日以上置くとより美味しくなる。


(2)絹ごし豆腐を食べやすい大きさに切る。 ねぎをななめ切りに、しいたけに飾り包丁を入れる。レモンを2~3mm厚の輪切りにする。


(3)鍋に〈スープ〉の材料を入れて中火にかける(ポッカレモン100の場合は、スープの中に入れる)。


(4) (2)の具材と子大豆もやしを入れ温める。

お好みでレモンポン酢をかけて食べてみてくださいね♪



レモンは、風邪予防・疲労回復だけでなく、消化促進、抗酸化効果、肌の新陳代謝アップなど、健康・美容にとっても効果のある食材です。レモンを使ったレシピで健康&美容生活をスタートさせてみてくださいね。


<レシピ監修>

柴田真希先生

レモンを使った調味料に詳しい (管理栄養士・(株)エミッシュ代表取締役)


レモンは、クエン酸による消化促進、抗酸化効果、お肌の新陳代謝アップなど、健康や美容に役立つ効果がたくさんある食材です。

食事での取り入れ方も、ドリンクからお料理まで、どんなものにも合い、主役から脇役まで万能に使用できます。もっと日常的に食事に取り入れ、健康や美容に役立ててもらいたいです。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡