冬の寒さはファッションでカバー!着ぶくれしないけど暖かく過ごすアイテム9つ

冬のファッションの悩みと言えば、どうしても着ぶくれしてしまうこと。とはいえ、寒さから守るために、厚着になってしまうのは防ぎようの無いことです。しかし、暖かい且つ着ぶくれしないファッションにすることだってできます!今回はそんなファッションアイテムを2018年のトレンドを押さえながらご紹介します♡


冬といえば気になるのがアウター


ショート丈のダウンコート

冬の寒さはファッションでカバー!着ぶくれしないけど暖かく過ごすアイテム9つの1枚目の画像
zozo.jp


<商品>
LOWRYS FARM エアコンスタンドダウン /9,500円(税抜)


「ダウン=ファッション性より防寒優先」というイメージがあるかもしれませんが、2018AWはダウンの人気が再燃しています!
特に鮮やかなカラーのショート丈なら一気におしゃれになれますよ。



セットインスリーブのロングコート

冬の寒さはファッションでカバー!着ぶくれしないけど暖かく過ごすアイテム9つの2枚目の画像
zozo.jp


<商品>
LAGUNAMOON モヘヤシャギーロングコート /32,000円(税抜)


何年もオーバーサイズでドロップショルダーが流行っていますよね。

それだと着ぶくれしてしまうという人におすすめなのが、セットインスリーブ(肩から脇の切り替えが垂直に入っている袖)です。
体から広がりすぎず縦のラインを作ってくれるので、スタイルが良く見えます。



アウターの下には何を着る?


ドルマンスリーブのタートルネックニット

冬の寒さはファッションでカバー!着ぶくれしないけど暖かく過ごすアイテム9つの3枚目の画像
zozo.jp


<商品>
titivate タートルドルマンなめらかニット /3,690円(税抜)


タートルネックなら首元まで暖かいですよね。首元がフィットしすぎていないのも着やすいポイントです。
全体的にはゆったりしているので重ね着もできますが、袖口が細く手首にフィットすることで華奢見せ効果もあります。



メタリックなプリーツスカート

冬の寒さはファッションでカバー!着ぶくれしないけど暖かく過ごすアイテム9つの4枚目の画像
zozo.jp


<商品>
Auntie Rosa Holiday メタリックベロアプリーツスカート /2,500円(税抜)


ストライプが細見せ効果がある、と聞いたことはありませんか?
もちろんストライプもGOODですが、プリーツスカートも縦のラインが作れてスッキリ見せることができますよ。


特におすすめなのは光沢のある素材。

冬で重くなりがちなコーデにアクセントを加えられます。



ボリューム控えめのファージレ

冬の寒さはファッションでカバー!着ぶくれしないけど暖かく過ごすアイテム9つの5枚目の画像
zozo.jp


<商品>
Titilate Valet ラビットファーファーニットジレ /12,800円(税抜)


春や秋のライトアウターとしても便利なファージレは、コートのインナーとしても活躍します。
ボリュームのあるものだと重ね着しづらいのでスッキリしたシルエットの物を。
チラ見えしたときにインナーダウンよりファージレのほうがどことなくおしゃれに見えますよね!



取り入れやすいちょい足し小物


ウエストマークに役立つ太ベルト

冬の寒さはファッションでカバー!着ぶくれしないけど暖かく過ごすアイテム9つの6枚目の画像
zozo.jp


<商品>
Ungrid フェイクレザーワイドベルト /5,900円(税抜)


全体を覆う布の面積が多い冬は下重心になってバランスが悪くなりがちです。

そこで便利なのがベルト。
ニットの上から、コートの上から、しっかりと細くポイントが作れる太めのベルトがおすすめです。



ベルトの代わりにトレンドのウエストポーチも

冬の寒さはファッションでカバー!着ぶくれしないけど暖かく過ごすアイテム9つの7枚目の画像
zozo.jp


<商品>
lala Born ハラコウエストポーチベルト /6,900円(税抜)


2018年はウエストポーチがトレンドになりました。
ベルトと同じようにウエストポーチを使うことでトレンドを取り入れたおしゃれ上級者になれますよ。
ちょっとした小物も入れられるのが便利ですね!



レイヤードに便利なレッグウォーマー

冬の寒さはファッションでカバー!着ぶくれしないけど暖かく過ごすアイテム9つの8枚目の画像
zozo.jp


<商品>
Tabio マシュマロタッチトレンカレッグウォーマー /1,200円(税抜)


「首元や足首を見せるとスッキリする」とは言いますが、実際のところ冬には寒くてそんなこと言ってられません。
レッグウォーマーはタイツや靴下の上にも重ね履きでき、寒さを凌げます。
シックな色でまとめるもよし、柄やカラー、質感で遊ぶもよしのおしゃれアイテムです!



寒いのもダサいのも嫌!という人でも冬のファッションは楽しめます!
まずは1つのアイテムから変えてみてはいかがでしょうか?

1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事