睡眠不足は美容の大敵! 快眠を誘う枕で美意識計画はじめませんか?♡

睡眠の質が悪いと「肌トラブルが起きる・代謝が落ちる・脂肪が溜まりやすくなる」など、たくさんの悪影響が引き起こされることをご存知でしょうか。特に「眠りのゴールデンタイム」と言われる最初の90~120分間は、成長ホルモンの分泌がピークになる時間。この時間に良質な睡眠をとるために、あなたにぴったりの「枕」を選んでみてくださいね! 快眠へと導く「枕の選び方」をご紹介致します。


あなたに合う枕の「高さ」はどのくらい?


睡眠不足は美容の大敵! 快眠を誘う枕で美意識計画はじめませんか?♡の2枚目の画像
violetblue/shutterstock.com


「目が覚めた時、枕に頭を乗せていなかった・枕を二つ折りにして使っていた」という経験を持つ方も多いのでは?

枕に頭を乗せていないのは「枕が高すぎる」。

枕を二つ折りにしているのは「枕が低すぎる」という状態です。


枕を選ぶ高さの基準は「横向き寝で背骨がまっすぐになること」。

どうしても仰向け寝を基準にして枕を選んでしまうことが多いのですが、仰向け寝を基準にすると「枕が高すぎる・低すぎる」といったトラブルが出てきてしまいます。

仰向けだけでなく横向きになって寝ることも多々。実際に横になってみて、背骨がまっすぐになる高さの枕を選んでみてくださいね。


この時、「横向き寝で背骨がまっすぐになっているかどうか」というのは一人ではチェックできません。枕を試せるショップに行き、家族や友人、店員さんにチェックしてもらうことをおすすめします。


枕のサイズはどんなものが良い?


睡眠不足は美容の大敵! 快眠を誘う枕で美意識計画はじめませんか?♡の3枚目の画像
Photographee.eu/shutterstock.com


日本では63cm ×43cmの枕が「標準サイズ」と言われています。

人の頭の幅は約20cm。そして一晩に30回ほど寝返りを打つという平均数が出ているのですが、標準サイズの横幅63cmを選ぶと寝返りを打ったときに枕から頭が外れにくくなっています。


しかし、中には標準サイズよりも「大きめ・小さめ」の枕も販売されているんです。

小さめは子どもや小柄な女性におすすめ。また枕に頭をすっぽり包まれるのがイヤという人にもおすすめです。


反対に大きめの枕は頭をすっぽりと包まれているような感覚になり、寝返りも打ちやすいのが特徴。標準よりも大きい方が「安心感が得られる」という場合、大きめの枕を選んでみてくださいね。


枕のサイズは体の大きさではなく、自分の好みを優先するのがおすすめです。


枕の素材もたくさんあります!


睡眠不足は美容の大敵! 快眠を誘う枕で美意識計画はじめませんか?♡の1枚目の画像
Ariene Studio/shutterstock.com


寝具売り場に行くとたくさんの種類の枕が販売されています。

枕の素材は、羽毛・そば殻・ウレタンフォーム・パイプなどさまざまです。

どの素材にもメリット・デメリットがありますが、素材を選ぶ基準も好みが最優先! 実際に寝てみて、枕の硬さを試してみてくださいね♪


人気が高まっているパイプ素材は、大きさやかたさを選ぶことができ、洗濯もしやすくて耐久性・通気性に優れています。

特に弾力性のあるエクストラパイプは、女性・男性問わず大人気♪


ぜひ素材を選ぶ際の参考にしてみてくださいね♪


サイズ・素材は好みが分かれますが、枕の高さは「横向き寝で背骨がまっすぐになること」が基準です。

また、背骨状態だけでなく、枕を首にもしっかり当てて肩から首・後頭部を支えることのできる枕を選んでいきましょう!


この記事は編集部及びライターの経験や知識に基づいた情報となります。個人によりその効果は異なりますので、ご自身の責任においてご利用・ご判断をお願い致します。

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡