ちょっとのお手入れで仕上がりが違う♡ メイクツール別メンテナンス方法

毎日のお化粧に欠かせないメイクツール。突然ですが、きちんとしたお手入れできていますか?きちんとお手入れしないとメイクの仕上がりが悪くなるだけではなく、肌荒れにも繋がってしまいます。ですが、そもそもどうやってお手入れしていいかわからない女性も多いのではないでしょうか。この記事では、知っておきたいメイクツールのお手入れ方法をご説明していきたいと思います!


毎日使うスポンジは定期的なケアが必須!


ちょっとのお手入れで仕上がりが違う♡ メイクツール別メンテナンス方法の2枚目の画像
rnmms2 @rnmms2


ファンデーションに必須のスポンジは片面半分ずつ、全面を使い切るごとに洗うようにしましょう。


ボウルなどにためたぬるま湯で優しくもみ洗いして、ファンデーションの色が出なくなるまで洗い流してください。


強い洗剤を使うと逆にスポンジが傷んでしまいますので、中性洗剤や石鹸などを使うのがおすすめです。
今はメイクツール専用の洗剤も売っていますので、そちらもチェックしてみてください。



アイシャドウチップ


ちょっとのお手入れで仕上がりが違う♡ メイクツール別メンテナンス方法の3枚目の画像
M E G @__.milktea1128.__


アイシャドウチップも1週間に1度くらいのお手入れにとどめるのがおすすめです。
こちらも基本ケアはティッシュオフで行いましょう。


ただ似た色味ならともかく違う色味を乗せる前には、きちんと洗った方が綺麗に仕上がります。
ブラシと同じようにぬるま湯に石鹸を溶かし、パウダーを溶かし出してあげましょう。


特にカラーの多いアイシャドウパレットなどのアイシャドウチップはこまめに洗うと良いですね。



ポイントメイク必須のメイクブラシは、洗いすぎると傷みの原因に


ちょっとのお手入れで仕上がりが違う♡ メイクツール別メンテナンス方法の1枚目の画像
beauty_mmr @beauty_mmr


チークやハイライトに使うブラシは、頻繁に洗いすぎると逆に傷んでしまいます。
なので専用お手入れは2週間に1度くらいにとどめ、日々のお手入れはティッシュでパウダーをオフするくらいがちょうどいいでしょう。


毛質を保つためにはヘアケアと同様にシャンプーとリンスを使うのがおすすめです。


直接つけるのではなく、ぬるま湯にシャンプーとリンスをそれぞれ溶かした中にくるくるとブラシを回してパウダーを溶かし出すようなイメージで行いましょう。


終わった後は優しく水分を拭き取り、形が崩れないように陰干ししましょう。



見落としがちなビューラーも、お手入れすることで効果がアップ


ちょっとのお手入れで仕上がりが違う♡ メイクツール別メンテナンス方法の4枚目の画像
aco @aconeko


ビューラーはゴムをこまめに取り替えてあげましょう。
こうすることでカール力も持続しますし、まつげへのダメージも最小限に抑えることができます。


ゴムを替える目安は3ヶ月程度。


もちろんそれほど時間が経っていなくてもカール力が落ちたなと感じたらこまめに取り替えるようにしましょう。


そのほかにもポイントメイク専用のリムーバーをコットンに含ませ、ゴムの部分の汚れを拭き取って綺麗な状態に保つのもおすすめです。



いかがでしたか?


知っておきたいメイクツールのお手入れをご紹介しました。
面倒に思うかもしれませんが、全ては綺麗な仕上がりのためと思えばモチベーションも上がりますよね!
ぜひみなさんも取り入れやすいものから試してみてくださいね。

1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡