もう無理かもな…男性が「彼女との別れ」を考えるキッカケ

もう無理かもな…男性が「彼女との別れ」を考えるキッカケの1枚目の画像

出典: https://www.shutterstock.com/

付き合っていれば、関係性がぎくしゃくしたり、ふと別れが頭をよぎってしまったりするようなことだってあるでしょう。

なので、男性がどういったときに別れを考えやすいものなのかは、ちゃんと知っておいた方がいいかもしれません。

そこで今回は、男性が“彼女との別れ”を考えるキッカケを紹介します。

 

■ ■「束縛」で自由に動けない

男性が彼女に最もされたくないことが“束縛”です。しかも、自由に身動きが取れなくなるほどの束縛をされたら、一緒にいても窮屈さや息苦しさを感じるだけなので、さすがに別れを考える原因にもなるでしょう。

常に一緒にいたがったり、LINEで一日中つながっていようとしたり、行動を全て把握しようとしたり……。

そんなことをされ続けたら、信頼関係だって一切生まれないはずです。ちゃんとお互いに自由も持ち合えないようなお付き合いでは、ストレスや不満がどんどん溜まっていく一方ですよ。

 

■ ■「会話」がかみ合わない

いつまでも仲良く付き合っていくためには、普段からのコミュニケーションが何よりも大事になってきます。しっかりとこまめに会話ができていないと、お互いの状況や考えもわからなくなっていくので、それがすれ違いの原因にもなるもの。

また、会話をしているとはいっても、いつもどちらかが一方的に話してばかりいるような状態では、コミュニケーションが取れているとは言い難いです。自分の話ばかりをして、彼氏の話にはあまり耳を傾けなかったり、最後までちゃんと話を聞かなかったりすると、あなたとの交際にも限界を感じることでしょう。

 

■ ■常に「批判的」な姿勢である

いつも何事にも批判的な姿勢を取るような彼女と一緒にいても、何も楽しくないですし、どんどん嫌な気持ちになっていくだけ。批判や否定をしてはいけないわけではないですが、頭ごなしに否定ばかりをするのはさすがにNG。

また、彼氏の意見や考えに対して、上から目線で批判をしたりすると、プライドを深く傷つけることになります。

「そうじゃないって」とか「だから違うでしょ」といった言葉ばかりを投げかけ続けると、間違いなく彼氏はあなたのもとから逃げ出してしまうでしょう。

 

■ ■「性的対象」として見られなくなった

彼女に対して“女”を感じることができなくなると、性的対象としても見ることができなくなります。そうなってしまうと、彼女というよりも友達や家族といった存在になってしまい、カップルとして付き合っていくことに彼氏は疑問も感じ始めるかも。

付き合いが長くなってくると慣れも生じてくるので、つい恥じらいが薄れてもいきがちです。

彼氏の前を裸でウロウロしたり、ゲップやおならも平気でするようになったりしたら、何のドキドキも感じなくなるので、彼氏は他の女性に目がいくようにもなりかねないですよ。

 

お互いに思いやりの気持ちが薄れてくると、やはり“別れ”が近づいてきやすくもなります。

付き合いが長くなってきても、そこだけは忘れないようにしないと、悲しい結末を迎えることにもなりかねませんよ。

【画像】

※ Dean Drobot/shutterstock
1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事