もうガマンできない!男が思わず「キスしたくなる」しぐさ


出典: https://www.shutterstock.com/

女性のふとしたしぐさや行動に、男性はドキッとしたり心を奪われたりすることも多いです。

可愛らしさや色っぽさを感じたときには、キスしたい気分になることもあるでしょう。

そこで今回は、男が思わず“キスしたくなる”しぐさを紹介します。

 

■ ■「顔と顔」を近づける

顔と顔の距離がグッと近づくと、ドキッとするのはもちろんですが、自然とキスを想像したりもしやすいです。女性の唇が目の前にあったりしたら、そのままキスをしてしまいたくなるような衝動に駆られたりするかも。

また、女性から顔を近づけられたら、「自分が受け入れられている」とか「嫌がられていない」などと感じたりもできるので、男性はうれしさもあるはず。スマホや雑誌を一緒に見たりする流れの中で、思いきって男性に顔を近づけてみるのはアリかもしれませんね。

 

■ ■「暗がり」で密着する

女性からボディタッチをされたり、体を密着されたりすると、男性はやはり“女”を意識してしまうもの。その密着度が高まれば高まるほど、ドキドキ度も増していくので、キスをしたくなるような気分になったりもするでしょう。

特に、明るい場所よりも暗がりなどでギュッと密着した方が、より男性の興奮度合いも大きくなります。夜道を歩いているときに、男性の腕にしがみついたり手を握ったりしてみると、そのままいいムードになる可能性も高いですよ。

 

■ ■「2人きり」になったら甘える

みんなの前では普通に接していたのに、2人きりになった途端に甘えてこられたりすると、そのギャップに男性は心をつかまれるはず。2人きりという状況は、男性も多少なりとも異性を意識しやすくなるものなので、余計にドキッとすることでしょう。

気になる男性とは何とかして2人きりになる回数を少しでも増やすようにした方がいいですし、2人きりになれたときには思いきってちょっと大胆に甘えてみることも大事。ときにはふたりでお酒を飲んで、ほろ酔いでちょっと無防備な姿を見せてみたりすると、キスのチャンスが生まれたりもするかもしれませんよ。

 

■ ■「ぷるぷるの唇」を見せる

女性の潤ったぷるぷるな唇を目にすると、男性は本能的にキスをしたくなったりするもの。なので、男性が思わずキスをしてしまいたくなるような唇を常にちゃんと意識しておくことも、男心を揺さぶるひとつの手段ではあるでしょう。

カサカサで荒れていたり、女性らしさや色気に欠けたりしているような唇だと、男性のキスの意欲を刺激することはできません。逆に、特に何とも思っていなかった女性でも、美しく色っぽい唇をしていたら、一気に異性を感じてドキドキし始める可能性は大いにあり得ることですよ。

 

男性との距離を一気に縮めて、ふたりの関係性をより深いものにしていくためには、「キス」はとても効果的。だからこそ、男性がキスしたくなるようなしぐさを見せつけることができたら、ふたりの恋愛を大きく進展させるキッカケが生まれるかもしれませんよ。

【画像】

※ solominviktor/shutterstock
1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事