「LAPSE ラプス」主演・栁俊太郎×藤井道人プロデューサーにロングインタビュー!

俳優、モデルとして多方面で活躍中の栁俊太郎さん。栁さんは、『デイアンドナイト』、『新聞記者』の監督・藤井道人さんがプロデューサーを務めるオムニバス映画『LAPSE ラプス』の一篇『SIN』に主演しています。

『SIN』は2062年を舞台に、幼少期に見たVRシミュレーションの暗い未来が現実化してしまうのでは、と苦悩するアマ(栁さん)の行く末を描いた物語。
「LAPSE ラプス」主演・栁俊太郎×藤井道人プロデューサーにロングインタビュー!の1枚目の画像

出典: NOSH(ナッシュ)

NOSHでは、旧知の仲という栁さん&藤井プロデューサーに単独インタビューを実施、5年越しで実現したタッグについて、語り合ってもらいました。
「LAPSE ラプス」主演・栁俊太郎×藤井道人プロデューサーにロングインタビュー!の2枚目の画像

出典: NOSH(ナッシュ)

Q:元々、おふたりはお知り合いなんですか?

藤井プロデューサー(以下、藤井P):そうなんですよ。俊太郎くんとは……もう、5年前とかだよね?

栁俊太郎(以下、栁):5年ぐらいになるんですかねえ。『デイアンドナイト』も観ましたし、昨日、笠松(将)に会いましたよ。お茶しました。

Q:お茶したんですか(笑)。笠松さん、『デイアンドナイト』にご出演されていますもんね。

栁:カフェ行きました。昨日ちょうど休みだったんですけど、午前中にいきなり電話がきて、「何してる?今からさ、(新田)真剣佑と3人で遊ぼうよ」って。

藤井P:贅沢だな……!

栁:カフェで、昼からカードゲームをしました。

藤井P:かわいい遊びだね(笑)。実は、2014~2015年に、クランクイン3週間前に撮影が中止になった、僕のオリジナル映画があったんです。その主演で俊太郎くんにオファーをしていて。

Q:では、5年越しにようやくご一緒できた、という感じでしょうか。

藤井P:そうです。でも、今回、僕は監督としてではなくプロデューサーなので、次こそ、がっつりやりたいですね!

栁:本当に、ぜひぜひ。
「LAPSE ラプス」主演・栁俊太郎×藤井道人プロデューサーにロングインタビュー!の3枚目の画像

出典: NOSH(ナッシュ)

Q:今回は、なぜ監督ではなくプロデューサーという立場で入ったんですか?

藤井P:僕は『BABEL LABEL』という映像プロダクションをやっているんです。少しずつディレクターが増えてきたので、今回はプロデューサーという立場で、脚本作りからキャスティングを裏方でやってみたいなと思ったからです。

栁:今、ディレクターは何人いるんですか?

藤井P:7人ぐらいかな。平均年齢25歳ぐらいの若いチームなんです。今回、8~9割はオーディションでお願いしたんですけど、アマだけは、どうしても俊太郎くんにやってほしくて、僕が直接オファーしました。

Q:栁さんは率直に、オファーを受けていかがでしたか?

栁:いや、それはもううれしかったです。ずっとやりたかったんで。それに『LAPSE ラプス』はテーマもすごく面白いし、『ブラック・ミラー』(※英ドラマシリーズ)に近い感じだな、と思ったんです。

僕、すごくはまっていたドラマで、近未来の話だったのでちょうどイメージしやすくて。日本でリアリティーのある近未来の話って、これまでなかなかなかったじゃないですか。

藤井P:ないよね。『ブラック・ミラー』の何が素晴らしいかって、ただのSFじゃなくて、社会的風刺をすごく入れているところですよね。

栁:日本では何でなかったんだろうって、思っていたところだったんです。藤井さんのプロデュースで、しかもBABELの作っている映像は格好いいイメージなので、単純にすごく楽しみだなと思っていました。
「LAPSE ラプス」主演・栁俊太郎×藤井道人プロデューサーにロングインタビュー!の4枚目の画像

出典: NOSH(ナッシュ)

Q:実際、クランクインする前など、おふたりの間で具体のお話し合いはされたんですか?

藤井P:1回、監督と俊太郎くんと、メインのキャストさんと、どういう世界観で、どういうトーンで、どういうことを伝えたいか、どういうアプローチができるのか、というディスカッションはしました。ただ、キャラクターとしてこうしてほしい、ということは監督と話すことだなと思ったので、僕は一切せず。
1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡