GACKTの衝撃発言に会場騒然「伊勢谷さんとチューしたかった」

2月22日映画『翔んで埼玉』初日舞台挨拶が行われ、二階堂ふみさん、GACKTさん、伊勢谷友介さん、京本政樹さん、武内英樹監督が登壇しました。
GACKTの衝撃発言に会場騒然「伊勢谷さんとチューしたかった」の1枚目の画像

出典: NOSH(ナッシュ)

本作は、埼玉県を徹底してディスることが大きな話題となった、魔夜峰央さん原作の『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』の実写映画化。二階堂さんは東京屈指の名門校である白鵬堂学院の生徒会長・壇ノ浦百美を、そしてGACKTさんは白鵬堂学院の転入生でアメリカ帰りの帰国子女・麻実麗を熱演しました。

初の男子役に挑んだ二階堂さんは白の紋付袴をバシッと決めて登場。GACKTさん、伊勢谷さん、京本さんも艶やかな和装姿を披露してくれました。
GACKTの衝撃発言に会場騒然「伊勢谷さんとチューしたかった」の2枚目の画像

出典: NOSH(ナッシュ)

二階堂さんは「原作の世界観がすごく強いものだったので、その強さを失わないように。性別や年齢を超越している作品だったので、あまりこだわり過ぎず、ちゃんと男の子として見ていただけるように努力しました」と振り返ります。
GACKTの衝撃発言に会場騒然「伊勢谷さんとチューしたかった」の3枚目の画像

出典: NOSH(ナッシュ)

またGACKTさんはプロモーションでたくさんのテレビ番組に出演したことについて「僕は1年間に5本しかテレビに出ないと決めているのに、(今回のプロモーションで)5年分は出たかな。なので、ここから5年はお休みします」と衝撃発言をすると、会場からは「えーっ!」と声が上がります。それを受けて「えーっと言うな!そんなもんさ、いつもそうやって虐げられている。もういい!」とふてくされる一幕も。
GACKTの衝撃発言に会場騒然「伊勢谷さんとチューしたかった」の4枚目の画像

出典: NOSH(ナッシュ)

伝説の埼玉県人・埼玉デュークを演じた京本さんは「GACKTさんからご紹介に預かりました……」と切り出すと、GACKTさんから「(話を)巻いて」と合図が。「なんか喋りづらくなっちゃう……また京本ワールドと書かれてしまう!」と笑いを誘います。
GACKTの衝撃発言に会場騒然「伊勢谷さんとチューしたかった」の5枚目の画像

出典: NOSH(ナッシュ)

役作りについては「GACKTくんが洋装なので、和装で行こうと決めたりして、最終的には刀をさしたり、時代劇を撮っている気分になっていった。撮り直した方がいいんじゃないかな?」と武内監督に投げかけると、「もう先にいっていただいて大丈夫です」と冷たくあしらわれます。それに京本さんは「なんで僕の話を切ろうとするんですか!」と反論していました。
GACKTの衝撃発言に会場騒然「伊勢谷さんとチューしたかった」の6枚目の画像

出典: NOSH(ナッシュ)

今回GACKTさんと、千葉解放戦線リーダーの阿久津翔を演じた伊勢谷さんのキスシーンも見どころのひとつ。実は元々はなかったものの、GACKTさんの提案で追加されたシーンだとのことで、「公私混同、どうしても伊勢谷さんとチューしたかった」とGACKTさん。

伊勢谷さんは「杖で胸をぎゅーっとやって、(GACKTさんの)胸が大きくて、乳首がギリギリ見えているなと思ってチューしました。GACKTさんは縛られっぱなしだったので、チューをしたあと口も拭かずに待ってくれた」と撮影秘話を明かすと、GACKTさんが「あれから口をふいていないですから」とジョークを交えて答えます。
GACKTの衝撃発言に会場騒然「伊勢谷さんとチューしたかった」の7枚目の画像

出典: NOSH(ナッシュ)

そして本作の公開を記念して、埼玉県に「脱ダサイタマ」を称号が与えられることに。GACKTさんは「本当にこの称号を受け取りたいですか?いじられることは素晴らしいと思うので、これからもどんどんいじられ、いじられがいのある埼玉県人でいてほしい。この映画が埼玉の発展に貢献することをほんの少し祈っていたい」と笑顔を見せました。
GACKTの衝撃発言に会場騒然「伊勢谷さんとチューしたかった」の8枚目の画像

出典: NOSH(ナッシュ)

映画『翔んで埼玉』は本日より全国公開です! NOSHでは京本さんの単独インタビュー記事も掲載しているので、ぜひチェックしてみてくださいね。
1

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事