無印良品のクレンジング徹底比較レポート!どれがあなたにぴったりか診断します!

今、コスメファンの間で密かに人気なのが、無印良品のクレンジング! オイル、ジェル、ミルク、オイルフリー、クリームとタイプも豊富なうえ、全品無香料・無着色・鉱物油無配合と肌への優しさもしっかりと考えられているのが魅力のヒミツ。

でも、パッケージはどれも似ているし、種類が多くてどれを選べばいいかよくわからない…というのが正直な本音ではないでしょうか?

そこで今回は、代表的なクレンジング6種類を実際に試してみて、洗浄力や肌へのやさしさを徹底比較してみました! 自分の肌質や洗浄力を参考に、自分にぴったりの1本を探してみてくださいね。


無印のクレンジングを比較するのはこの6本!

パッケージが似ているので、ぱっと見同じように感じますが、大きく分けて、左からクリーム、ミルク、ジェル、オイル、オイルフリーの5種類があります。

こんなに色んなタイプを作っているのもスゴイけど、それぞれ使っている成分も配合もすべて異なるというこだわりもスゴイ!

実際に試してみて、クレンジング力が高かった順にランキングにしてみます!全体的に肌への刺激が弱いものほどクレンジング力も弱めという印象でした。

クレンジング力1位
無印良品マイルドジェルクレンジング
(洗浄力:5 肌へのやさしさ:4 洗いあがり:さっぱり)

洗浄力がありつつ、肌へもやさしいと感じたのが『マイルドジェルクレンジング』。ジェルタイプで、手肌が濡れていても使えるので、お風呂でメイクをささっと落としたいという時短派の方におススメ。

うるおい成分としては、アンズ果汁、桃の葉エキスを配合していて、使っているとほんのりといい香りが漂います。

無印良品 マイルドクジェルクレンジング 30g¥300(税込)

テクスチャーはとろっとしたジェル状。肌にすっとなじみ、洗いあがりはさっぱり&すっきりとしています。

無香料・無着色・鉱物油無配合はもちろん、弱酸性でアルコールフリーなので、お肌が弱めの方やニキビ肌の方でも大丈夫♪

【Before】洗浄力は、あえて落ちにくいリップとアイライナーでテストしてみました。

すべてのクレンジングを使って、実際に同じ条件でメイクを落としてみます。

【After】リップは瞬殺、ティッシュなどではまったく落ちなかったアイライナーも、指先で数秒軽くクルクルするだけで、するんと落ちました。

これは一般的なクレンジングと比べてもかなり優秀です!お試しもできる携帯サイズをはじめ、通常サイズ、大容量サイズの3タイプがあることからも人気なのがうかがえますね。


クレンジング力2位
無印良品マイルドオイルクレンジング
(洗浄力:5 肌へのやさしさ:3 洗いあがり:しっとり)

洗浄力という面で同じくらい優秀だったのが、オイルタイプの『マイルドオイルクレンジング』。洗浄力といえば一般的にオイルが優秀ですが、こちらも納得の落ち具合。

しかも、オイルながら濡れた肌でも使えるのがポイントです。肌なじみがよく、すーっと毛穴の奥までメイクを溶かして洗浄してくれるような感覚でした。

無印良品 マイルドオイルクレンジング 50ml ¥420(税込)

オリーブオイル・ホホバオイルを配合していて、洗いあがりはしっとり。ポイントメイクまでしっかり落とせるクレンジングなので、忙しい方はこれ1本でいけちゃいます。

少量でもメイクをしっかりと落とせるので、コスパ面ではコレがいちばん優秀かも⁉ こちらも、携帯サイズ、通常サイズ、大容量サイズの3つが用意されています。

【After】リップはオイルですぐさまするっと落ち、アイライナーもみるみるキレイに。力も時間も使わずに、メイクがまるで溶けるように落ちる感覚はやはりオイルならでは!

1
2
3

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事