無印良品のクレンジング徹底比較レポート!どれがあなたにぴったりか診断します!

今、コスメファンの間で密かに人気なのが、無印良品のクレンジング! オイル、ジェル、ミルク、オイルフリー、クリームとタイプも豊富なうえ、全品無香料・無着色・鉱物油無配合と肌への優しさもしっかりと考えられているのが魅力のヒミツ。

でも、パッケージはどれも似ているし、種類が多くてどれを選べばいいかよくわからない…というのが正直な本音ではないでしょうか?

そこで今回は、代表的なクレンジング6種類を実際に試してみて、洗浄力や肌へのやさしさを徹底比較してみました! 自分の肌質や洗浄力を参考に、自分にぴったりの1本を探してみてくださいね。


無印のクレンジングを比較するのはこの6本!

パッケージが似ているので、ぱっと見同じように感じますが、大きく分けて、左からクリーム、ミルク、ジェル、オイル、オイルフリーの5種類があります。

こんなに色んなタイプを作っているのもスゴイけど、それぞれ使っている成分も配合もすべて異なるというこだわりもスゴイ!

実際に試してみて、クレンジング力が高かった順にランキングにしてみます!全体的に肌への刺激が弱いものほどクレンジング力も弱めという印象でした。

クレンジング力1位
無印良品マイルドジェルクレンジング
(洗浄力:5 肌へのやさしさ:4 洗いあがり:さっぱり)

洗浄力がありつつ、肌へもやさしいと感じたのが『マイルドジェルクレンジング』。ジェルタイプで、手肌が濡れていても使えるので、お風呂でメイクをささっと落としたいという時短派の方におススメ。

うるおい成分としては、アンズ果汁、桃の葉エキスを配合していて、使っているとほんのりといい香りが漂います。

無印良品 マイルドクジェルクレンジング 30g¥300(税込)

テクスチャーはとろっとしたジェル状。肌にすっとなじみ、洗いあがりはさっぱり&すっきりとしています。

無香料・無着色・鉱物油無配合はもちろん、弱酸性でアルコールフリーなので、お肌が弱めの方やニキビ肌の方でも大丈夫♪

【Before】洗浄力は、あえて落ちにくいリップとアイライナーでテストしてみました。

すべてのクレンジングを使って、実際に同じ条件でメイクを落としてみます。

【After】リップは瞬殺、ティッシュなどではまったく落ちなかったアイライナーも、指先で数秒軽くクルクルするだけで、するんと落ちました。

これは一般的なクレンジングと比べてもかなり優秀です!お試しもできる携帯サイズをはじめ、通常サイズ、大容量サイズの3タイプがあることからも人気なのがうかがえますね。


クレンジング力2位
無印良品マイルドオイルクレンジング
(洗浄力:5 肌へのやさしさ:3 洗いあがり:しっとり)

洗浄力という面で同じくらい優秀だったのが、オイルタイプの『マイルドオイルクレンジング』。洗浄力といえば一般的にオイルが優秀ですが、こちらも納得の落ち具合。

しかも、オイルながら濡れた肌でも使えるのがポイントです。肌なじみがよく、すーっと毛穴の奥までメイクを溶かして洗浄してくれるような感覚でした。

無印良品 マイルドオイルクレンジング 50ml ¥420(税込)

オリーブオイル・ホホバオイルを配合していて、洗いあがりはしっとり。ポイントメイクまでしっかり落とせるクレンジングなので、忙しい方はこれ1本でいけちゃいます。

少量でもメイクをしっかりと落とせるので、コスパ面ではコレがいちばん優秀かも⁉ こちらも、携帯サイズ、通常サイズ、大容量サイズの3つが用意されています。

【After】リップはオイルですぐさまするっと落ち、アイライナーもみるみるキレイに。力も時間も使わずに、メイクがまるで溶けるように落ちる感覚はやはりオイルならでは!

しっかりと落としつつ、しっとりとした仕上がりを求めるならコレがよさそうですね。


クレンジング力3位
無印良品オイルフリーリキッドクレンジング
(洗浄力:4 肌へのやさしさ:4 洗いあがり:さっぱり)

まつエクをしている方やオイルタイプのクレンジングはちょっと…という方向けなのが『オイルフリーリキッドクレンジング』。

特にまつエクをしている方の間では、ここまでコスパのよいオイルフリークレンジングがなかなか無いので、人気なのだとか。

無印良品 オイルフリーリキッドクレンジング50ml ¥450(税込)

【クレンジング中】テクスチャーは水より少しだけとろっとしていてオイルに似ていますが、オイルフリーのせいかヌルヌルする感じがなく、ふきとるとすぐにさっぱりとした感じに。

写真はクレンジング途中のもの、リップはすぐに落ちるものの、アイライナーは少し時間がかかりました。肌にしっかりとなじませてから、丁寧に落とすことでアイライナーもキレイにクレンジング。

クレンジング力4位 無印良品オイルクレンジング敏感肌用(洗浄力:3 肌へのやさしさ:4 洗いあがり:しっとり)

2位の『マイルドオイルクレンジング』と同じオイル系ですが、オリーブオイルをメインに、100%植物性のものを配合していて、肌が弱めの方にもぴったりの1本。

濡れた肌や手では使えないのがちょっと残念ですが、肌へのやさしさと洗浄力の両方を求める方にはちょうどよいクレンジングといえそう。

無印良品 オイルクレンジング敏感肌用50ml ¥420

【After】リップはすんなりと落ちたものの、アイライナーのほうは思った以上に落ちず、意外と時間がかかりました…。同じオイルタイプの『マイルドオイルクレンジング』に比べると洗浄力はぐっと弱めに感じます。

とはいえキレイに落ちたので、ベースメイク程度なら、問題なくクレンジングできそう。洗いあがりはしっとりとしていて、保湿力を実感!


クレンジング力5位
無印良品マイルドミルククレンジング
(洗浄力:2 肌へのやさしさ:4 洗いあがり:しっとり)

ここ最近、肌へのやさしさからミルククレンジングが大人気!モデルや女優の間でも、ミルククレンジングをしているという方が多いですよね。

無印良品のミルククレンジングも、肌への刺激が少ない乳液タイプで、クレンジングしながら保湿しているような感覚です。

無印良品 マイルドミルククレンジング200ml ¥1,000

携帯サイズはなく、200mlのワンサイズのみ。テクスチャーや見た目はまさに乳液。とろっとしていて、滑らかな肌触りです。

ボトルのサイドに残量メモリがついてるので、どのくらい残っているかひとめでわかるのも無印らしい配慮です。

【クレンジング中】ミルククレンジングは、肌への負担が少ない分、洗浄力はそこまで高くありません。なのでマッサージをしながら時間をかけて丁寧に落とすのが正解。

事実、リップは割とすぐに落ちたものの、アイライナーは落ちるまではかなりの時間が…。

肌をいたわりながらエステ感覚でメイクを落とせるので、洗う心地よさは抜群!


クレンジング力6位
無印良品マイルドクリームクレンジング
(洗浄力:2 肌へのやさしさ:5 洗いあがり:しっとり)

クレンジング力は残念ながら最下位でしたが、肌へのやさしさでは断トツ1位といえるのがこちらの『マイルドクリームクレンジング』。濃厚なクリームが、肌と手の間の摩擦を防いでくれるので、洗顔による肌の痛みや小じわを防ぐことができるのだとか。

オイルを含むクリームなので、洗いあがりはオイルのバリアが張られたようで超しっとり。美容雑誌にもたびたび取り上げられているのがこのクレンジングなのです。

無印良品 マイルドクリームクレンジング150g ¥1000

テクスチャーはどちらかというと濃厚でかため。ニベアを想像すると似ているかもしれません。

クリームクレンジングに慣れていないと、これがクレンジングなの?と感じるくらいのクリーム感。

【クレンジング中】短時間でオフできるオイルクレンジングなどに慣れていると、びっくりするぐらい落ちるまで時間がかかります。

リップはそこまで時間がかからなかったものの、アイライナーはかなりの手ごわさ。ミルクタイプ同様、じっくりと時間をかけることが重要です。

最終的にアイライナーも落ちたものの、普段はベースメイクはクリームタイプ、ポイントメイクはポイントメイク用のものと分けたほうがベター。仕上がりはクリームをしっかりと塗りこんだせいか、しっとりモチモチ肌に♪

さぁ、あなたにぴったりのクレンジングはどれ⁉ 

同じブランドでもここまで違うのか⁉ と驚いた今回。勝手にまとめさせていただきます。

●洗浄力と肌へのやさしさの両方が欲しいけど、クレンジングに時間はかけたくない→マイルドジェルクレンジング

●とにかくメイクをしっかり、すっきりと落としたいし、時間もかけたくない→マイルドオイルクレンジング

●まつエクしている方や、オイルクレンジングによる毛穴の開きが気になる方→オイルフリーリキッドクレンジング

●敏感肌だけど、オイルでしっかりメイクをおとしたい→メイククレンジング敏感肌用

●肌をマッサージしながら、やさしくゆっくりとメイクを落としたい→マイルドミルククレンジング

●乾燥肌で肌が痛んでいるので、ケアしながらメイクを落としたい、メイクオフに時間をかけてもOK→マイルドクリームクレンジング

あなたはどれがぴったりと来ましたか? ミルククレンジングとマイルドクリームクレンジング以外は、すべて携帯サイズがあるので、気軽に試すこともできますよ。

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレスの記事5選♡