通勤ヘアがマンネリしてない? ねじるだけのロープ編み風に岡崎紗絵さんが挑戦! 

Rayモデルとしてだけでなく、女優としても話題の岡崎紗絵さん。8週にわたる大型連載も後半戦です! 

今回は、Rayでもビューティ連載を持つ、ヘアメークの森川 誠さんことぼんちゃんとタッグを組んで、おしゃれっぽな通勤ヘアアレンジに挑戦してもらいました。


ついついひとつ結びで済ましてしまったりと、マンネリしがちなのが通勤ヘア。今回は、おなじひとつ結びでも、ねじる技をプラスするだけで、一気にこなれ感が出せるスタイルに挑戦してみました!


必要なテクニックは一切ナシ!超ぶきっちょさんでもできます

三つ編みもくるりんぱも使わず、必要なテクニックは一切ナシなので、超ぶきっちょさんでも大丈夫。

必要なのはゴム3本のみ。バレッタがあれば、なおgoodです。早速、全プロセスを紹介していきます!

マジェステ¥1,800・ネックレス¥2,400(サンポークリエイト〈アネモネ〉)、ニット¥4,600(UNRELISH)


通勤ヘアのバリエを増やす! ヘアアレンジの全プロセスを公開

1.まず顔回りのサイドの毛を写真のように多めに残します。時間に余裕があれば、髪全体を軽くコテでまくと、よりおしゃれっぽい仕上がりになるのでおススメです。

※サイドの毛をわかりやすくするためにゴムで結んでいます。

2.顔回りに残しておいたサイドの毛を上下、ふたつに分け、それぞれ写真のように結びます。
3.手順2で作ったふたつの毛束を別々に持ちます。下の毛束を上の毛束の間にくぐらせ、ふたたびくぐらせ…とふたつの毛束を使ってロープをねじるようにくるくるしていきます。

コツとしては、結び目部分を手で持つとやりやすくなります。

4.ふたつの毛束をくるくるとねじっていったら、襟足部分で全部の毛束を1本にまとめて結びます。

5.ねじった髪の部分をルーズに少しつまんで引き出し、ニュアンスをつけます。

6.手持ちのバレッタなどで、結び目を隠せば完成♪


ねじっただけなのに、手が込んでいるように見える!

ふたつのハーフアップをネジネジしただけなのに、サイドも華やかで手が込んでいるように見えるから不思議。

毎日、おばさんひっつめ…なんて人は明日からマネしてみてくださいね。

ちなみに、顔回りのもみあげ部分の毛を一筋だけ残しておくと、優しい雰囲気になるので、こちらも少し出しておくのがポイント。

紗絵さんの連載は残りあと1回! 超プライベートな部分である、『ハマりもの』に迫ります。

意外な紗絵さんの素顔を知れますよ、お楽しみに。

岡崎紗絵さんの連載一覧はこちら


【岡崎紗絵Profile】

1995年11月2日生まれ、愛知県出身。雑誌『Seventeeen』の専属モデルオーディションの「ミスセブンティーン2012」に選ばれ、同誌でモデルデビュー。2016年3月からはファッション誌『Ray』の専属モデルに。そのかたわら、女優としても活躍中で、ドラマ『人は見た目が100パーセント』(フジテレビ)の森村美優役では、キュートな女子を演じて一躍話題に! 最近では『僕たちがやりました』(カンテレ)にも出演。来年1月公開の映画『咲-saki-阿知賀編 episode of side-A』、来年2月公開の『不能犯』など映画公開も続々と続いている、いま注目度No.1のモデルさんなんです。

インスタID:sae_okazaki

【お問い合わせ先一覧】

UNRELISH TEL0120-298-707

サンポークリエイト TEL082−243−4070

※こちらの企画で紹介した商品はすべて税抜き価格です。

撮影/阿萬泰明(PEACE MONKEY) モデル/岡崎紗絵 ヘア&メイク/森川 誠(PEACE MONKEY) スタイリスト/高安志江

関連記事

今、あなたにオススメ