【Ray】冬のミニ恋愛小説 Vol.3♡〜鈴木愛理と妄想デート〜

ずっと、不安定だった。

外はすっかり寒くなった12月24日、20時。クリスマスイヴでもあり、僕たちの記念日でもあるこの日、とあるレストランで待ち合わせの約束をしていた。出会ってから2年、お互いの都合で遠距離になってからは、会う頻度とともに自然と連絡の間隔があくようになっていた。

けして愛情が薄れたわけではないが、最近彼女が少しよそよそしくなった気がして、僕は正直自信をなくしていた。彼女はどう思っているのかな。そんなことを面と向かって聞けない僕は、この煮え切らない関係の結末を占うようにグラスの泡が消えていくのを見守った。

【Ray】冬のミニ恋愛小説 Vol.3♡〜鈴木愛理と妄想デート〜の1枚目の画像

こんなにも長く同じ時間を過ごしたのに、僕は彼女のその顔を初めて見た

数分後、少し遅れてやってきた彼女はいつもの可愛らしい様子とはまるで違う大人の女性に変身をとげていた。「驚かせようと思って。張りきってたら一本電車逃しちゃった。前髪ものばしたの」

【Ray】冬のミニ恋愛小説 Vol.3♡〜鈴木愛理と妄想デート〜の2枚目の画像

コイツ、こんなに色っぽかったっけ?

【Ray】冬のミニ恋愛小説 Vol.3♡〜鈴木愛理と妄想デート〜の3枚目の画像

普段見せない凜とした表情にハッとする。僕はまだ彼女のことをほんの一部しか知らないのかもしれない。

「3年目もよろしくね。あまり会えなかったぶん、大切にしたい気持ちに気づけたかも。来年はもっと一緒にいられるといいね」

そういって笑う君がいっそういといとおしく思えた。

【Ray】冬のミニ恋愛小説 Vol.3♡〜鈴木愛理と妄想デート〜の4枚目の画像

その先の恋

久しぶりに会う君の美しさは、僕の迷いを追い越していった。

【Ray】冬のミニ恋愛小説 Vol.3♡〜鈴木愛理と妄想デート〜の5枚目の画像

あわせて読みたい

【Ray】冬のミニ恋愛小説 Vol.3♡〜鈴木愛理と妄想デート〜の6枚目の画像
▶︎【Ray】冬のミニ恋愛小説 Vol.1♡~上西星来と妄想デート~

撮影/須藤敬一(モデル) ヘア&メイク/川嵜瞳(PEACE MONKEY) スタイリング/稲葉有理奈(KIND) モデル/鈴木愛理(本誌専属)

関連記事

今、あなたにオススメ