自作カバーでドレスアップ♡食料品や日用品の生活感をオフ

冷蔵庫の中や日用品などの、生活感が気になったことはありませんか?必需品だからこそ、手作りカバーでドレスアップして、スマートに常備しましょう。ペットボトル・歯みがき粉・ティッシュなどが、インテリア映えするアイテムに変身。今回は、ユーザーさんの手軽にマネできるアレンジ方法を、学んでみたいと思います。


冷蔵庫の中をすっきりと

キッチンアイテムは、色をそろえたり、調味料を詰め替えたりして、統一感を持たせた収納を心掛けている方も多いですよね。でも、それでは対応できないアイテムも。特に冷蔵庫の中は雑然としがちなので、カバーを使って気持ちよく整えませんか。急な来客にも対応できて、ワンランク上のおもてなしができちゃいます。


■薬味チューブ

撮影:heart.emiemi57.whiteさん
撮影:heart.emiemi57.whiteさん


便利な薬味チューブは、冷蔵庫に常備している方も多いですよね。どの商品も形は似ていますが、パッケージは意外とカラフル。これをおさえるために、heart.emiemi57.whiteさんは、ダイソーのソフトクリアファイルを巻いて、すっきり収納しています。英字のハンコでラベルを付ければ、クールさアップ。


■パック入り飲料

撮影:morasanさん
撮影:morasanさん


牛乳やジュースなど、パック入りの飲み物も冷蔵庫の定番ですよね。これらもカバーを付ければ、生活感をオフできます。しかも、牛乳パックを再利用して手軽にカバーが作れます。何個か作って準備しておけば、買ってきたパックにかぶせるだけで、いつでもスタイリッシュに楽しめますよ。


■ペットボトル

撮影:Nuさん
撮影:Nuさん


ペットボトルにカバーを付けると、ぐっと高級感が増しますね。しかも取り外しができて、繰り返し使えるそう。お客さまなどにも、スマートに対応できそうです。ツルっとした素材で作れば、汚れが落としやすく快適なんだとか。



洗面所・トイレの消耗品に

洗面所やトイレは消耗品が多いので、隠す収納に頼りがちです。でも、実はそれらをカバーでデコレーションするだけで、ぐっと華やぐ空間に早変わりさせることもできるのです。隠してしまいたくなるアイテムこそ、インテリアのアクセントにしてみましょう。


■歯みがき粉

撮影:chloeさん
撮影:chloeさん


大人っぽいモノトーンスタイルの洗面所まわり。歯みがき粉も、この雰囲気を壊さないようにカバーを付けられていました。ダイソーのラッピング袋を巻いて、作っているそうです。デザインの出し方もお上手で、既製品のようなでき映えですね。


■トイレットペーパー

撮影:3838さん
撮影:3838さん


トイレのオブジェにしたくなるような、上品で繊細なデザインです。なんと、家にあった材料だけで作られたそう。これなら、オープン収納ができて、取り換えも楽になりそうですね。柄はペーパーナプキンを活用しているそうなので、お気に入りのもので挑戦してみてください。


■タオル

撮影:Nuさん
撮影:Nuさん


まるでショップのディスプレイのような、高級感のあるタオルですね。このようにカバーを付けて、来客用や未使用品の分別をしているそうです。お客さまも非日常を感じられて、喜んでくれそう。細かいところにまで気が届く、素敵なアイデアです。



その他の日用品

他にも、家の中には見た目の気になる日用品がたくさん。あれもこれもぐるっとカバーをして、出しっぱなしで使いやすくアレンジしましょう。好きなショッパーを再利用したり、気になるロゴを再現してみたり、好みのデザインに変える楽しさもありますよ。日用品もときめくアイテムにチェンジしてみてくださいね。


■ボックスティッシュ

撮影:Takakoさん
撮影:Takakoさん


紙製のショッパーを再活用した、ボックスティッシュカバー。カットして貼るという手軽な工程で、本格的なカバーを作られていました。カバーを付ければ、色やデザインを問わずティッシュを選ぶことができますね。これなら、箱なしのティッシュも使いやすくなりそう。


■消臭スプレーボトル

撮影:Minoriさん
撮影:Minoriさん


丸みのある形の消臭スプレーボトルには、布製のカバーが最適。巾着のように絞れる形にすれば、カバーを付けたまま使うこともできますね。もちろん見た目も可愛いので、手に取りやすい場所に出しておけて、気になるニオイをその場でリフレッシュできます。


■スプレー缶

撮影:lenkaさん
撮影:lenkaさん


こちらは、缶タイプのスプレーカバーです。缶の性質を生かして、マグネットで貼り付ける仕様になっているそう。取り外しが簡単なので、ストレスフリー。このタイプのスプレーは、消臭剤だけでなく色々なアイテムで使われているので、作り方を覚えて家中をすっきりさせましょう。


■石鹸

撮影:hiroさん
撮影:hiroさん


本当にウタマロ石鹸⁈と目を疑ってしまいたくなる、センスアップされたパッケージですよね。たくさん買っておいた石鹸も、このようにオリジナルのカバーが付けてあるだけで、丁寧に扱いたくなります。しまいこまずに、飾りながらストックすることも可能に。

カバーを付けることで、オープン収納ができるようになり、使い勝手もアップします。テイストをそろえて作れば、さらにおしゃれ度アップ。家にあるものや100均グッズで手軽に作れるので、チャレンジしてみては。


執筆:Hirari

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡