私を作る最前線♡ メイクスペースを大人の雰囲気にするコツ

メイクをする場所は女性にとって大切なもの。常に清潔でスッキリとしたエリアであって欲しいですよね。でもふと気がつくと、メイク用品がどんどん増えてごちゃついた印象になってしまいがち。ユーザーさんの優れたコーディネートを参考に、大人の女性にぴったりなメイクスペースの作り方を取り入れてみませんか?



空いた空間を利用してみよう

メイクスペースには大きな鏡とたくさんの化粧品を置けるスペースを!そう思っても実際にはなかなか広いメイクコーナーを持てない場合もありますよね。そんなときは家にあるちょっとした空間を利用して、自分好みのメイクスペースを作ってみませんか?ご紹介するユーザーさんから、そのアイデアを教えてもらいましょう。


■TVボードを活用してみる

撮影:manさん
撮影:manさん


manさんは長いTVボードを利用してメイクスペースを作っています。抑えたトーンでまとめられたコーナーは、シンプルでとっても居心地が良さそう。ロータイプの家具を使っているため、解放感も抜群です。さまざまな素材の収納アイテムを使いこなしながらも、美しい統一感に満ちています。


■キッチンカウンターのコーナーに

撮影:Mikiさん
撮影:Mikiさん


キッチンカウンターのコーナーにデスクを加えて、メイクスペースにしているMikiさん。やさしいホワイトカラーに、木目調のアイテムがしっくりとマッチしています。メイク用品は表には出さずスッキリと収納されており、周囲に飾られた雑貨との絶妙なバランスで、やわらかな印象をつくり上げています。


■木箱を利用して

撮影:Megumiさん
撮影:Megumiさん


Megumiさんは、りんご箱をペイントしてメイクスペースに。木の持つナチュラルな雰囲気にシックな雑貨を合わせて、大人の女性にこそ似合うコーナーが完成しています。厳選したアイテムのみを置いているので、とてもスッキリとした印象ですね。専用のメイクスペースが欲しい方に、きっと参考になるコーディネートです。


■デスクと兼用のメイクスペース

撮影:ai.saさん
撮影:ai.saさん


ai.saさんは普段はデスクとして使用しているスペースの引き出しに、メイク用品を入れています。必要なときにはさっとメイクをする場に変身♪引き出しの内部は見事に整理整頓されており、とても使いやすそうです。メイクスペースの場所がないという場合も、ぜひ真似してみたい優れたアイデアですね。



デスクやドレッサーを使う場合には

メイクをするためのドレッサーやデスクがあるけれど、周囲とのコーディネートに悩んでいる方はいませんか?好みのメイク用品で揃えてみても、ちょっぴり雑多な印象になりがちのコーナーであるメイクスペース。ここではメイク専用のデスクをお部屋のイメージに合わせながら、大人の雰囲気でまとめるコツをご紹介します。


■ラインを意識してアイテムを選んでみよう

撮影:sonaさん
撮影:sonaさん


大人の女性のエッセンスが香るsonaさんのメイクスペースは、ゆるやかなフォルムが特徴的です。鏡の丸いラインと椅子のシックな曲線、そして個性豊かなアクセサリートレー。どのアイテムも、美意識を持って吟味されたのが分かります。エレガントな色彩も魅力的で、うっとりするほど素敵なシーンが完成しています。


■トータルバランスを考慮してみる

撮影:J.Kさん
撮影:J.Kさん


お部屋が作り出す雰囲気に、しっくり馴染んでいるJ.Kさんのメイクスペース。書斎コーナーと兼ねているそうですが、必要なアイテムが卓越したセンスでディスプレイされており、見ているだけで幸せになれるエリアに。シンプルな曲線が美しい北欧スタイルに、抑えたピンクが淡く溶け込み、大人が過ごす空間になっています。


■こだわりの家具を使ってみる

撮影:usamaruさん
撮影:usamaruさん


メイクする場は自分と向き合う大切な場所。こだわりのある家具を用いて、自分だけのスペースを作りたいですよね。そんな希望を叶えているのがusamaruさんです。アンティークなミシン台、エレガントなミラーやシックなチェアなどを用いて、洗練されたオリジナリティあふれるメイクスペースを作り上げています。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡