「誰もが訪れたくなる、笑顔があふれる愉快なおうち」 by moonriver935さん

RoomClipに登録された新しいユーザーさんの中から、毎回お一人をピックアップしてご紹介する本連載。今回は、目移り必至のワクワクなギミックが詰まった住まいづくりを楽しまれているmoonriver935さんと、魅力たっぷりのご自宅をご紹介します。笑顔いっぱいに、ナチュラルで素朴な暮らしをつくり出す、素敵なアイデアとメソッドを見ていきましょう♪



今回ご紹介するのはこの方です!

moonriver935さん

私たち夫婦2人と、遊び盛りの子ども3人の5人家族です。12年前、結婚を機に中古物件を購入し、狭いながらも知恵と工夫で乗り越えながら、家族みんなが居心地よく思える空間づくりを心掛けています。



じっくりつくり込まれた素朴な住まい


■振り返ればみんないる、温かな距離感

大阪府に暮らすmoonriver935さんご一家のお住まいは、築28年の2階建て4LDKです。中古物件として購入した戸建てを、じっくりと丁寧にmoonriver935さん家族らしく、素朴で温かな雰囲気につくり込みながら、毎日を楽しまれているのが印象的。暮らしの中心、1階LDKは、変形した12.5畳。キッチンからリビングにかけてを緩やかに結ぶ斜めの壁や、家具を壁側に集め床を広く魅せるレイアウトの工夫により、実際のサイズよりも広々と感じさせてくれます。

moonriver935さんいわく、『狭いけれど、振り返ればみんながすぐに見える』こんな距離感がお気に入りというLDKは、人の映り込みのない写真でありながらも、なんとなくご家族の和やかな気配を感じさせてくれる、温かな魅力があります。そして、角を丸くカットした、優し気なダイニングテーブルでは、ネットを置けばたちまち卓球台に!食後や休日のひと時、より密度の高い家族間のコミュニケーションを叶えてくれそうですね。他にも、moonriver935さん宅には、住まいの概念を超え、さらに想像の斜め上を行く、柔軟で楽しいギミックがまだまだたくさん散りばめられているんです。


■遊びが詰まった愉快な暮らし

卓球台になるダイニングテーブルと、オープンなI型キッチンの間には、ブランコが揺れています。キッチンで料理をするmoonriver935さんの後ろで、お子さんの誰かがブランコに揺られている姿……想像するだけで口元がほころぶ優しい光景です。ちなみに、こちらのブランコ、支える両脇の柱の下の方には、2つの丸い穴が開いているんです。この穴に、棒を通すと……ブランコが鉄棒に早変わり!こんなお家に住んでいたら、雨の日だってアクティブに暮らせます。

ブランコ、鉄棒があるのなら、期待してしまう滑り台もありました。この滑り台は、階段に立てかけ、向かいにある洗面所の敷居にかませるシンプル設置で、折り畳めばコンパクトに収納もできる優れものです。どれもこれも、『提案すると、すぐ考えて作ってくれる頼れるパパ作』なのだそう。なんて、素敵な大黒柱なのでしょう。moonriver935さんがつくる温かく素朴なインテリアと、頼もしいご主人のアイデアが詰まったお住まいは、公園のように気が付くと繰り返し訪れたくなる雰囲気があります。そして、そんなmoonriver935さん宅のテーマは『家族の友人たちが、また遊びに来たくなる空間』。テーマが先か、ご夫婦の心意気が先かは、もしかするとご本人たちにも曖昧なところなのかもしれません。


■大なり小なり、手作りで育む日々

ご主人のつくり出す、大胆かつ精巧なDIY家具・遊具も特徴的ですが、moonriver935さん宅には、100均素材や3Coinsアイテムを活かした、プチプラDIY雑貨もたくさんあります。ただ、ナチュラルな道具や雑貨を集めるのではなく、じっくりと手作りを積み重ね、自分たち色で暮らしをコーディネートしているから、独特の趣が生まれ、日に日に愛着も増していっているのではないでしょうか。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事