お気に入りでそろえよう♪お掃除道具は無印良品におまかせ

シンプルでスタイリッシュ、そして使い勝手の良い無印良品の商品たち。そんな無印良品が取り扱っている掃除道具はホワイトを基調としていて、どのようなインテリアにも合わせやすい佇まいが魅力です。今回は実際に使用しているユーザーさんの実例をとおして、どのような掃除道具があるのかをご紹介していきます。



床掃除に便利なポール+ヘッド

無印良品の掃除道具は、ポールを一本用意するとヘッドの部分をさまざまなものに変更して使うことができ、とても便利です。収納がミニマムにまとまるのもポイントですよ。ここではまず、床掃除に使えるものを見ていきましょう。


■水拭き用のフローリングモップ

撮影:nakariさん
撮影:nakariさん


床を水拭きするときに活躍してくれるフローリングモップ。マイクロファイバーが使われていて、細かな汚れも取ってくれますよ。洗って繰り返し使えるので、経済的なのも◎。もっと手軽にお掃除したい方には、専用の使い捨てのウェットシートがおすすめです。アルミのポールがかっこいいレンガの壁によく似合っていますね。


■フローリングモップで乾拭きも

撮影:x.x_yuko_x.xさん
撮影:x.x_yuko_x.xさん


上の実例と同じヘッドのカバーを変えると、乾拭きにぴったりの厚みのあるモップとして使うことができます。マジックテープで着脱するようになっているので、交換も簡単にできるのがうれしいですね。木製のポールは、無垢の床を使ったナチュラル感たっぷりのインテリアにぴったり!置いてあるだけで絵になります。


■ほうきは室内でも室外でもOK

撮影:hemukoさん
撮影:hemukoさん


玄関で吊り下げて収納されているほうき。ちりとりと一緒に収納していても、これだけすっきりしているのは、さすが無印良品の商品です。また、ジョイント部分が可動式になっているのも、このほうきの特徴ですよ。自分にとって使いやすい位置に合わせることができるので、掃除もより楽になりそうですね。



ポール+ヘッドで床以外の場所も

床掃除以外の場面でも、ポール+ヘッドの組み合わせは大活躍です。ここでは特に、一般的にはハンディタイプで使うことの多い掃除道具に、ポールをつけているものをピックアップしました。さまざまな用途に合わせた使い方を、見ていきましょう。


■カーペットクリーナーを使いやすく

撮影:zuiiさん
撮影:zuiiさん


無印良品のカーペットクリーナーは、そのままだとソファーなどをきれいにするハンディタイプとして、そしてポールをつければ立ったままカーペットの掃除などをできるコロコロとして使えます。床に落ちていてる髪の毛やホコリなどをとるのにも向いていますよ。味のある古道具も、きれいな空間の中だといっそう映えますね。


■ポール付きブラシでお風呂掃除が楽になる

撮影:yukikoさん
撮影:yukikoさん


ホワイトとグレーでまとめた、洗練されたバスルーム。床掃除に使われているホワイトのブラシもおしゃれで、生活感を感じさせませんね。このようにポールがついているブラシを使うと、ハンディタイプより掃除が楽に行えるというメリットがあります。ポールから外して使えば、細かなところの掃除もばっちりですよ。


■スキージーはいろいろな場所で活躍

撮影:yさん
撮影:yさん


スポンジ部分で洗い、ヘラ部で水を切るように作られているスキージーは、お風呂場の壁や洗面所の鏡、そして家の窓などを掃除するときに使うことができます。アルミのポールは伸縮可能なので、使い勝手の良い長さにセットできるのがGOOD。また、とても軽量なので高いところも楽々掃除できるのもいいですね。



工夫が光る掃除道具いろいろ

最後に、ポールとセットではない掃除道具たちを見ていきましょう。どれも無印良品らしいちょっとした工夫が、掃除へのモチベーションをアップしてくれること間違いなしです。


■あらゆる場所のホコリをモップでキャッチ

撮影:qu_miiiiiiiさん
撮影:qu_miiiiiiiさん


黒のシーリングファンはホコリが目立ちそうですが、ミニハンディモップの伸縮タイプを使えばこのとおり、キレイをキープできます。このモップは、ジョイント部分の角度を調整できるので、さまざまな場所に合わせて使うことが可能ですよ。使わないときには、ポールを短くするとコンパクトに収納できます。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事