知っているとうれしい ホコリがたまりにくくなるコツ

定期的に掃除をしても、どうしても発生してくるホコリ。放っておくと後々困るし、できることならホコリをためずにキレイなお家を保ちたいものです。RoomClipのユーザーさんたちが取り入れている、お掃除のコツやホコリ防止のアイデアなど、ホコリがたまりにくくなる方法をまとめてみました。



お掃除の工夫

まずは、お掃除するときのコツについてみてみましょう。ホコリはどうしてもたまってしまうモノですので、効率のよい掃除の仕方を取り入れることがポイントです。ちょっとした心がけで、ずいぶんと変わるかもしれません。


■朝一番にフローリングワイパー

撮影:miomioさん
撮影:miomioさん


ほこりは空気中に舞いやすいので、人が動き回っている日中は取り切れないそうです。朝一番や外出後に掃除をすることで、より多くのほこりを取り除けます。こちらのmiomioさんは、朝一のワイパーを日課にしています。家族がバタバタする前のお掃除で、お家も気分もすっきりするはずですよ。


■隙間や細かい場所も忘れずに

撮影:Mさん
撮影:Mさん


家具と床の間、コンセントなどの細かい所のホコリも、こまめに取り除くことで家の中にホコリがたまるのを軽減できます。ハケは細かい部分のほこりを簡単に取り除くことができるのでおすすめです。また、ストッキングとハンガーを使ったアイデアも、家にあるもので上手に掃除ができますよ。継続できる手軽さも大事ですね。


■いつでも掃除用具をスタンバイ

撮影:mizutanさん
撮影:mizutanさん


ホコリがたまりやすい場所に掃除アイテムをあらかじめ置いておくことで、気張らずにこまめに掃除ができますね。mizutanさんは、階段にハンディモップとその付け替え用を一緒に置いているとのことです。こうすれば、誰でも掃除しやすく、階段を通った際に「掃除しようかな」と思うことが増えそうです。


■目についた時に取り除く

撮影:akane.920さん
撮影:akane.920さん


テレビなどの電化製品は静電気を帯びやすく、ホコリがたまりがちなところ。akane.920さんはテレビボードにミニモップとコロコロを忍ばせて、目についたときにさっと掃除できるよう工夫しています。こうすれば、ホコリがたまった残念な姿を見ることも無くなりそうですね。



ホコリ防止のアイデア

ホコリがついてしまうと取りにくい部分ってありますよね。お掃除のたびに小さなストレスが発生するような場所は、あらかじめホコリがつかない、ついても掃除がしやすくなるようなひと工夫をしてみましょう。


■マスキングテープでホコリ対策

撮影:Mamiyさん
撮影:Mamiyさん


洗面台と壁の隙間は、ホコリや細かいゴミがくっついてなかなかすっきり掃除できない場合があります。Mamiyさんはマスキングテープを貼ることで、そんなお悩みを解決されたとのこと。確かにさらさらとしたマスキングテープなら、ホコリがくっつかずに、払いやすいです。ナイスアイデアは、ぜひ真似したいです!


■意外なアイテムが使える

撮影:meguri.kさん
撮影:meguri.kさん


赤ちゃんのいたずら防止用のコンセントカバーが、ホコリ対策にも活躍です。細かい隙間にほこりが付くと面倒に感じてしまうコンセント回りの掃除も、これなら楽々。装飾のないカバーを選ぶことで、コンセントの見た目もよくなって一石二鳥です。


■ラップを巻いてホコリを付けない

撮影:___a.r.r.y___さん
撮影:___a.r.r.y___さん


洗濯機のホースにラップを巻くアイデアをご紹介してくれたのは、___a.r.r.y___さん。デコボコがたくさんの洗濯機ホースは、ホコリがついても取りにくくストレスを感じますよね。先手を打って、ラップで巻いてガードしてしまうという目からウロコのアイデアです!



インテリアの工夫

家具の置き方やインテリアの部分でも、ホコリがたまりにくくなるコツがあります。インテリアとして置くものを減らす、壁掛けにしてみるなど、掃除がしやすい空間づくりを考えてみましょう。お掃除は面倒なものではなく、楽しいと感じられるかもしれません。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事