ひらめきに思わず感動!ユーザーさんたちのアイデア収納術

暮らしに必要な物や道具を収納して保管するのは、おうちの大切な役割ですね。毎日を快適に過ごすためにも、効率よく収納したり使いやすくするという工夫は欠かせません。そこでRoomClipの実例から、ユーザーさんたちが実践しているアイデア収納術をまとめてみました。



たくさんの物があるキッチン

キッチンは食材から消耗品まで、おうちの中でも特にたくさんの物を収納するところです。限られたスペースを活かしつつも、使い勝手よく収納するような工夫が活躍してくれますよ。まずは、キッチンでのアイデア収納の実例をご紹介します。


■ディアウォールでワイン収納

撮影:sorachiさん
撮影:sorachiさん


sorachiさんはディアウォールを使って、デイリーワインの収納を作っています。2×4材にワインに合わせた大きさの穴を開け、色を塗ってディアウォールで壁沿いに固定しています。シンプルな見せる収納を、簡単に作ることができています。


■コンロ横を消耗品入れに

撮影:Kurehaさん
撮影:Kurehaさん


Kurehaさんは、コンロ横の引き出しを消耗品収納に活用しています。排水口ネットやポリ手袋などのキッチン消耗品を、セリアのポリ袋整理ボックスSにそれぞれ入れて整理。引き出しに4つ並べて入れると、ぴったりと収納することができたそうです。


■つっぱり棒でジッパーバッグを

撮影:A_plusさん
撮影:A_plusさん


A_plusさんは、つっぱり棒を使ってIKEAのジッパーバックを収納しています。シンクの下の引き出しにつっぱり棒を取り付け、ジッパーバッグをその上から掛けています。取るときには、すっと引き出して気持ちよく取れるとのことですよ。


■カーテンクリップをフックとして

撮影:donさん
撮影:donさん


引き出しの取っ手が、S字フックが掛けられない形になっているというdonさん。セリアのカーテンクリップを逆さに付け、フックとして使っています。傷を防ぐためにPUウレタンクッションを貼り、そこをクリップ部分で挟む工夫をして取り付けているそうです。



洗面所は使い勝手よく

洗面所はタオルや衛生用品など、家族みんなが使う物を収納することが多い場所ですね。誰でも収納場所が把握しやすいような、わかりやすい収納を作る工夫を取り入れてみるのもおすすめです。続いて、洗面所のアイデア収納の実例をご紹介します。


■ティッシュを浮かせて収納

撮影:t.t.t.kaoさん
撮影:t.t.t.kaoさん


t.t.t.kaoさんは、洗面所の可動棚にティッシュを浮かせて収納しています。セリアのキッチンワイヤーディッシュラックをひっくり返して棚に掛け、ティッシュボックスを差し込んで固定しています。以前は下に置いていたのが、浮かせて掃除もしやすくなったとのことです。


■ケースを横向きにして

撮影:kaerunoameriさん
撮影:kaerunoameriさん


洗面所の棚に、無印良品のやわらかポリエチレンケースを使っているkaerunoameriさん。普段は横にして仕切り的な感じで使い、来客時には縦にして隠せるように工夫しています。普段は使いやすく、いざというときには簡単に隠せるのはいいですね。


■調味料ケースにブラシを

撮影:waniwaniさん
撮影:waniwaniさん


衛生用品のケースは、フタがあって開け閉めしやすいことを条件に探しているというwaniwaniさんです。歯間ブラシ入れには、セリアの調味料ケースを活用しています。小さなブラシを、ワンプッシュで一つずつ取り出すことができて便利そうです。



クローゼットは整理しやすく

衣類や寝具など形が崩れやすい物が多いクローゼットは、ごちゃついてしまいがちなところです。キレイにキープして整理しやすくしてくれる収納の工夫が役に立ってくれますね。次に、クローゼットのアイデア収納の実例についてご紹介します。


■ファイルケースでYシャツ整理

撮影:yocchanさん
撮影:yocchanさん


yocchanさんは、Yシャツを100均のファイルケースに入れて収納しています。ファイルケースに畳んで一着ずつ入れると、シワにならずに立ててコンパクトに置けるそうです。袖の長さなどの特徴をラベリングしてあるので、外から見てもどのシャツが入ってるか一目瞭然です。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡