CanCamスタイリストの"カゴバッグ"の選び方♡

みなさん、こんにちは! CanCamスタイリストの丸林広奈です。


夏のオシャレも最高潮! ついつい毎日のように持ちたくなるのがカゴBAGです。最近はファーがついた「冬のカゴBAG」もあったりして、年中持つアイテムにもなりつつあるけれど、やっぱり一番映える季節は今♡ 平日も休日もフル稼働させています。ということで、今週の「addict」はカゴBAG。最近のお気に入りとその着こなしや選び方について語らせてください!


【CanCamスタイリスト丸林広奈】の愛用カゴBAG

トレンドも実用性も両方クリア!【ZARAの縦長カゴトート】

この夏使っているカゴBAGの中で一番“今っぽい”と思うのがこのZARA。今年のカゴBAGは縦長トートorバケツのシルエットが旬ですが、使いやすさを考えるとトートタイプを取り入れるのが賢い選択かなって思います。これはA4がバッチリ入って、かつ小脇にちょうどおさまるサイズ感なのでお仕事BAGとしてもすごく活躍してくれています。中央のストライプ柄の中に、最近のマイブームであるグリーンが使われているのもツボ♡ グリーンがアクセントに効いているとついつい欲しくなってしまうんです。このBAG、狙っていたのに発売と同時にすぐ売り切れてしまって。でもどうしても欲しかったのでネット検索を駆使。なんとか探しあててGETした大事なBAGなんです。ZARAで気に入ったものは即買いしなきゃダメだなって改めて実感しました…(涙)。


 ショルダー長めのデザインが新鮮!【AVERY MANAのカゴBAG】

そして、とあるお仕事dayに持っていたのがAVERY MANAのカゴBAG。一見すごくシンプルなデザインだけど、ショルダーがかなり長めにつくられているんです。肩からかけるとウエストより少し下にバッグがくるぐらい。カゴバッグはいろいろ持っているけど、こんなデザインは初めて見ました! 少しクタっとしたやわらかい素材だから、荷物が入れやすいのがうれしい♪ そしてとにかく軽い! ショルダーがけして使うからこそ、重くないのは大切なポイント。ZARAの縦長シルエットと同じく、BAGは実用性も重視したいですよね♡


去年買ったものは、スカーフでアレンジを加えて【カテリーナ ベルティーニのカゴBAG】

この間の休日に持っていたのは、スエードのフリンジがかわいいカテリーナ ベルティーニ。去年から愛用しているものだけど、今年も活躍してくれています。でも去年とは違う新しさを出したいなと思って…スカーフをプラスしてみました。スカーフは白地に黒の花柄。主張しすぎることなく、BAGのイメージを上手に変化させられます。この日はハンドルの根元に軽く巻いただけだけど、ハンドル全体にぐるぐると巻きつけるのもオススメ。定番タイプもこうしてひと工夫するだけでぐっとオシャレになりますよ♡


カゴBAGの選び方&コーディネート術

【カゴバッグの選び方】大きさは「中くらい」がベスト!

カゴBAGって、大きいものも小さいものもすごく魅力的。見るだけで心くすぐられてしまうのですが、ぐっと我慢して「中くらい」のサイズを選んでいます。「中くらい」ってどれくらい? って感じですよね(笑)。う~ん…A4サイズが入るか入らないかくらいかな。「中くらい」のサイズをガサッと少しラフに持ちたいなという気持ち。大きすぎると「リゾート感」が強すぎてしまうし、小さすぎると「カワイイ」の主張が強すぎてしまう…。素材やデザインの主張がもともと強いBAGだからこそ、サイズは「いつもどおり」を選んであげることが大切だと思っています。


普段使いはテイストミックス、リゾートではとことん休日仕様に

カゴBAGを街で持つときは、場所の雰囲気や着こなしからBAGだけが浮かないよう、洋服はカジュアルとキレイめのバランス感を重視します。例えば、AVERY MANAを持ったときのスタイリング。カラーは黒とブラウンで統一して大人っぽくシックに。これならカゴBAGを使ったコーディネートも落ち着いて見えますよね。でもキレイにまとめすぎると、カゴ素材が持つ抜け感が生かしきれないから……洋服のどこかにBAGのラフさとリンクする“外し”を取り入れるのがポイント。このときは、トップスをロックTにしてカジュアルに外してみました♪


海やリゾートで持つなら、コットンのマキシワンピースやゆるっとした柄パンツに合わせたり、ときには大きなストローハットもかぶってみたり…。平日はなかなか着ることのできないアイテムをどんどん使って、リゾート感をとにかく全面に押し出していきます。


こうやってシーンに合わせたオシャレをするってやっぱり楽しい! 今しかできないオシャレを今年の夏もたくさん満喫したいです♡

関連記事

今、あなたにオススメ