1000人前以上のカレーを泣きながら捨てた…【神田カレーグランプリ決定戦2018】感動の裏話

様々なドラマが生まれた「神田カレーグランプリ決定戦2018」

11月3日、4日に行われた神田カレーグランプリ決定戦2018。今年は42000人の来場者数だったそうです。年を重ねるごとに大きなイベントに成長しています。神田カレースタンプラリーは11月末まで開催中なので、イベント自体はまだ終了しているわけではないのですが、メインのグランプリ決定戦。今年は様々なドラマが生まれました。


ここ数年は企業経営のお店が上位入賞することが多く、結局は企業力なのかと思っていたところが、今年は個人店舗の頑張りが顕著で、今後のグランプリにも期待できる結果となりました。


そんな中、ひとつの個人店舗が壮絶な物語を生んでいました。女性店主なつみさんが一人で切り盛りする文字通りの個人店、キッチン723


今年初参加で見事予選通過。僕としても以前から足繁く通うお気に入り店だったので、台風の目になるのではと期待していたのですが、台風の目どころかお店に台風が襲い掛かるような事態に。


何と初日に前代未聞の大遅刻。一体何故?


話を聞いてみると驚きと感動の連続! 今回は趣向を変えて、神田カレーグランプリに隠された感動秘話をお届けしたいと思います。以下、常連客である僕と店主のなつみさんの会話です。僕はお店で飲みながら、なつみさんは料理を作りながらの会話であることを想像しながら読んでいただければと思います。


▲店主のなつみさん

カレーおじさん\(^o^)/:カ なつみさん:な 他のお客さん:客


カ:それにしても今年は大変だったね。初日は結局何時にカレー出せたの?


な:17時だよ! 1時間半しか出せなかったの。


カ:マジかー。でもちょっとでも間に合って良かったというか不幸中の幸いか。そもそも何でそんなに遅れたの?

な:
もうねー、本当に大変だったんだから! 一言じゃいえないんだけどさ、あえて一言でいうなら、作ったカレーの味に納得がいかなかったんだよね。

カ:
仕込み数日前からしてたけど、日がたって味が変わっちゃったってこと?

な:
それもあるし、カレーってさ、1000人前作るとして、10人前のレシピを単純に100倍したら同じ味になるわけじゃないでしょ。

カ:
そうだね。

な:
それがね、思ってた以上に変わっちゃってたの。そのどっちもかな。前日までは大丈夫だったんだけど、いざ当日火を入れ直して食べてみたら、突然違う味に変わっちゃってて。

カ:
それ何時頃?

な:
7時かな。カレー提供は11時からでしょ。だから残された時間でどうにかしなくちゃってテンパっちゃって。スパイス追加したり、色々やってみたんだけど全然うまくいかなくて。色んな人が協力してくれてね、ああでもないこうでもない言いながら作り直して、結果的にこれなら何とか食べられるなという味にはなって、他の人も「これなら普通に美味しいよ」って言ってくれたんだけどね、これは私の味じゃないって思っちゃって。結局1000人前以上のカレーを泣きながら捨てたの。それが12時頃だったかなぁ。

客:
1000人前! もったいない!

カ:
いや、でもさ、それって結局カレーを商売道具にしてないってことだよね。仕事としてカレー作ってるだけなら、普通に美味しければ出してただろうけど、なっちゃん(なつみさん)は元々カレー好きでカレー作り出した人だから、単純に納得できなかったと。

な:
そうなの。私も馬鹿だよねぇ。それでね、本当に沢山の人が手伝ってくれたのに泣きながら捨てて、途方にくれてお店の前で一人で号泣してたの。そしたらさ、目の前のお蕎麦屋さんが心配して出てきてね、「どうしたの?」って。それで、こうこうこういうわけで1000人前のカレーを捨ててどうしたら良いのかわからなくってって。そしたらね、「泣いてる場合じゃないよ。すぐ作ろう。俺は肉焼けば良い? 手伝うから!」って。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事