ポッと色付く頬にどきり♡ 「自然な蒸気肌」をつくる色っぽメイク

顔の印象をググッと変えてくれるメイクアイテムである「チ―ク」。チークを使用してポッと色付いた頬にするだけで、顔の印象が可愛らしく魅せられるから不思議。

また男性陣からも「お風呂上りの火照った頬に色気を感じる…♡」といった意見も多く聞きますよね! ポッと色付いた頬は女性から見ても男性から見ても魅力的ということ!

今回はそんな魅力を演出できる「ポッと色付く蒸気肌メイク」を紹介したいと思います!

チークは発色が命!「蒸気肌メイクのPOINT」



↑このチークの塗り方を紹介します♡

POINT01 ベースメイクはツヤ肌仕上げ





チークの発色をよくさせる為に重要なのが「ベ―スメイク」。下地はツヤ系のものを選びましょう。ファンデーションはパウダーではなくクリームかリキッドタイプのものを選んでください♡

POINT02 フェイスパウダーは部分塗り



ベースメイクをツヤ肌仕上げにすると化粧崩れが問題になってきます。冬ならともかく春夏はとても崩れやすいですよね。せっかくのツヤ肌を台無しにしない為には「フェイスパウダー」が必須! でも、全体に塗ってしまうと粉っぽく仕上がってしまうので、部分のせを心がけて。

まずはブラシか大きめのパフにフェイスパウダーを少量とり、ササッとのせます。Tゾーン・小鼻・アゴ先・目元に少しだけのればOK! 頬部分はヌメッとした感じを残しておく方が、あとから塗るチークの発色がよくなります♡

POINT03 ハイライトはクリームタイプに





Cゾーンにハイライトをいれる場合は、クリームタイプがオススメです。ここでパウダータイプのものを使用してしまうと最初に仕上げたツヤ肌が台無しに……。また、その後に塗るチークの発色が悪くなります。チークを塗りやすくする為にもハイライトはクリームチークを選ぶことがオススメ。塗り方は指に少量とってポンポンっと肌に押し当てるように塗りましょう♡ついでにTゾーンやアゴ先にもハイライトをのせると立体フェイスになりますよ♡


ポッと色付いた頬が色っぽ♡ チークの塗り方


※アイメイクをした後にチークを塗った方がバランスがとりやすいのでオススメです!

パウダーチークの場合



クリームタイプのハイライトを塗った後にパウダーチークをのせていきます。この時注意して欲しいのが「チークの付け過ぎ」。クリームタイプのハイライトをのせた後は、とっても色が付きやすいので注意して!

コツはブラシにとった後「手の甲に1度馴染ませてから頬にのせること」。色が足りない場合はチークをブラシに再度とるのではなく、そのままのブラシで色を足していきましょう。ほんのり色付く頬の出来上がり♡

クリームチークの場合





クリームタイプのハイライトを塗った後にクリームチークをのせていきます。指にとったあと写真のように3~4か所に点々を描くようにのせます。下地でヌメッとした肌をつくっているのでボカす工程がとっても楽ちん! ここからはトントントンッと肌に馴染ませていきます。ほんのり色付く頬の出来上がり♡

さらにキレイに仕上げるコツ



パウダー・クリームどちらの時も最後の仕上げにしてほしいことが「境目をボカすこと」。指で境目をじんわりと馴染ませて♡ このひと手間をするかしないかで仕上がりが変わってきます。より自然な色付き頬が完成しますよ♡

色っぽさはつくれる!



つくり込んでいないように見えて実はつくり込んでいるのが「蒸気肌メイク」。いい女になるためには、これぐらいの計算高さは必要なのかも……♡ 次のデートまでに「蒸気肌メイク」をマスターして彼をドキっとさせちゃおう♡


関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡