『私のおじさん~WATAOJI』で連ドラ初主演♡【岡田結実】に独占インタビュー

Check!01

ドラマでの役柄について教えて♡

「『私のおじさん~WATAOJI』で連ドラ初主演をすることになりました。私が演じる一ノ瀬ひかりはすごく一生懸命な女のコ。 内側にはすごく強いものを秘めているのに、まわりの人にうまく伝えられないし、いえる環境にいないんですね。

そんなひかりの代弁をしてくれるのが遠藤憲一さん演じる妖精のおじさんです。遠藤さんはめちゃめちゃやさしいです。そして可愛らしいという言葉がすごくお似合いで。『えへへ』って笑ったり、しぐさひとつひとつが私より可愛い要素がありすぎて、負けち ゃったって思うくらいです(笑)。しかもひかりがおじさんにひどいことをいったりしたときに見せるせつない顔がまたいい!私は演技を人に見られると緊張するタイプなんですけど、 現場では遠藤さんに見られていると安心します。」

Check!02

現場の雰囲気やその他のキャラクターはどんな感じ?

「おじさん以外にも個性が強いキャラクターがたくさん登場します。だから撮影中は笑いをこらえるのが大変!実は撮影の合間もメイクさんが「こんなに楽しい人たちが集まっている現場は初めて」 というくらいにぎやかです。

みなさん、ドラマの役柄とはまったく印象が違います。 私の上司役の城田優さんは怖くてクソヤロウという設定だけど、休憩中はすごく無邪気なんです。 青木さやかさんは仕事ができる意識高い系女子の役ですが、実際はずっと笑っているやさしい方で。そんなギャップがあるのって役者さんならではだなーと思いました。

ひかりは濃いキャラのみなさんに振り回されながら「どうして仕事をするのか」ということを学んでいきますが、私もみなさんにまじって演技面で成長できると思うので、一緒にお仕事できることをうれしく思いながら現場にいます。」

『私のおじさん~WATAOJI』で連ドラ初主演♡【岡田結実】に独占インタビューの1枚目の画像
Check!03

結実ちゃんのプライベートでの心の支えは何?

「ドラマでは妖精のおじさんがひかりにとって支えのような存在になっていきますが、 私が落ち込んだら支えてくれるものは音楽かな。「もう無理 」 と思うことがあっても、音楽を聴くと励まされます。 歌詞の内容が自分の境遇に重なったりすると 「ああ......いい」ってすぐなっちゃう(笑)。

特にRADWIMPSやクリープハイプ......バンドをめちゃ聴きます。 神様がいたとしても、私の神はそっちだと思っちゃうくらいの存在です。朝起きた瞬間から音楽を聴かないと落ちつかない。そして数カ月に1回はライブに絶対に行きたい。クリスマスや誕生日はかまわないんです。でも音楽イベントやフェスの日だけは唯一仕事を入れないでくださいとお願いしたりします。『私の生活から音楽を取らないで 』って思いますね(笑)。」

Pick up

金曜ナイトドラマ 『私のおじさん~WATAOJI』(毎週金曜よる11時15分)テレビ朝日系にて放送中

失恋して働き口もなくした一ノ瀬 ひかりがようやく就職したのは、 超過酷なロケで有名なバラエティー番組。キツイAD生活を送るひかりの前に妖精を名乗るおじさんが現れる。陽気で毒舌な妖精はひかりにしか見えていないようで......。

『私のおじさん~WATAOJI』で連ドラ初主演♡【岡田結実】に独占インタビューの2枚目の画像

みんなぜひチェックしてみてね♡

Profile
岡田結実(おかだ・ゆい)
2000年4月15日生まれ、大阪府出身。B型。
モデルとしてティーン誌で活躍後、バラエティー番組でも人気を集める。
2017年『傷だらけの悪魔』で役者デビ ュー。2018年『静おばあちゃんにおまかせ』でドラマ初出演にして初主演を飾る。連ドラ『ヒモメン』にも出演。

撮影/MISUMI スタイリング/吉田みき ヘア&メイク/寺下舞 デザイン/ARENSKI 取材・一部文/佐久間裕子 

1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡