即おしゃれになれる!《白Tシャツ》に合わせたいこなれ見えボトムス♡

夏コーデの超定番アイテム白T。でも定番すぎるからこそ、逆にボトムス選びで悩んでしまうことも…。そこで、こなれた白Tコーデを完成させてくれるボトムスをご紹介。この夏は白T×こなれ見えボトムスで、とびきりおしゃれな着こなしを楽しんじゃいましょ♡

夏の白Tコーデはボトムス選びが重要です!

出典: WEAR

夏のカジュアルコーデに欠かせない白T。でも誰もが持っている定番アイテムゆえに、おしゃれに着こなすのが難しいと感じたことはありませんか?そんなときこそ、ぜひ白Tに合わせるボトムスにこだわってみて。誤魔化しのきかない白Tコーデだって、きちんと吟味したボトムスを合わせれば簡単にこなれ見えが叶っちゃうんですよ♡


王道デニムは”ハイウエスト”と”太すぎない”がキーワード

白T×デニムは王道の組み合わせ。だからこそこなれ見えするデニムを選んで、おしゃれにシンプルコーデをキメたいもの。2018夏のデニムは、ハイウエストがマスト。加えて、ハリのあるデニム生地はワイドすぎるともっさりしてしまうから、ストレートのように太すぎないものがベストです。

出典: WEAR

太ももから膝下まですとんと落ちるストレートデニムは、肉感を拾わず脚をキレイに見せてくれます。ハイウエストだから、白Tをインして腰位置を高く見せることも。ほんの少し効かせたウォッシュ加工で、こなれ感も一気にUP♡ただ履くだけで白Tコーデがサマになっちゃうデニムは、ヘビロテ必至ですね。

出典: WEAR

キレイめに履けるインディゴも、おすすめのカラー。裾を太めにロールアップすると、メリハリを出せますよ。ポインテッドトゥパンプスを合わせて、ちょっぴりレディな着こなしを満喫しちゃいましょう!

出典: WEAR

白Tに薄色デニムを合わせるのは膨張が気になるけれど、ハイウエスト×スリムストレートなら腰まわりをキュッと引き締めてすっきり履きこなせますね。くるぶしがのぞく丈感と裾のカットオフ仕様が、白のノースリーブTシャツをいっそう軽やかに仕上げてくれますよ。

出典: WEAR

フレアシルエットのデニムも、太すぎないものがGOOD!スリット入りのクロップド丈をチョイスして、抜けを出すことを意識してみて。


ワイドパンツは夏でも健在

ゆるっと履けるワイドパンツは、リラックス感がほしい夏コーデに最適。色の淡いものや、薄手の生地のものなら軽やかさを出せるのでボリュームも気になりません。もはや定番アイテムともいえるワイドパンツですが、この夏もデニムとは違うベクトルで白Tをおしゃれに見せる頼もしい相棒になってくれそうですね。

出典: WEAR

コンパクトな白Tには、大胆なくらいのワイドシルエットを合わせるのも素敵♡センタープレスが効いているから、Tシャツ×チノパンのカジュアルコーデもラフになりすぎず、程よいきちんと感をキープできますね。

出典: WEAR

リラックスムード満点のワッフルパンツを大きめの白Tにゆるっと合わせて、ストレスフリーな履き心地を楽しんで。ホワイト×ベージュのやわらかなワントーンでまとめれば、楽チンコーデでもバッチリこなれ見えが叶っちゃいます。

出典: WEAR

メンズライクなポケットTシャツは、黒のドット柄ワイドパンツでほんのりガーリーなMIXコーデに。さらりとした光沢のある生地にランダムに散りばめられた小粒ドットなら、スタイリッシュな印象が強まって甘くなりすぎずに履きこなせますよ。


華やかに着こなすならカラースカートを

カジュアルコーデに欠かせない白Tですが、鮮やかなカラースカートに合わせれば華やかな着こなしにも使えちゃうんです。むしろ白Tがスカートの甘さを中和してくれる分、媚びのないガーリースタイルを楽しみたいときにはうってつけの組み合わせといえるかも!?

出典: WEAR

ふわりと空気をはらむコットンシルクのマキシスカートは、ヒマワリのようなイエロー。コンパクトだけれどドロップショルダーのデザインがリラックス感を醸し出す白Tをタックインして、夏らしいガーリーコーデに仕立てちゃいましょ♡

出典: ZOZOTOWN

ビビッドな赤は、2018夏トレンドカラーのひとつ。ストンと落ちるシルエットとランダムに入ったタックがモードな印象だから、ベーシックな白Tを何気なくインしてもサマになります。黒×ゴールドの小物を合わせて、辛口にコーデを締めるのもポイントですよ!

出典: WEAR

ロゴの色とスカートの色をリンクさせて遊び心を加えるのも、ポップな着こなしが映える夏ならではの楽しみ。身体の面積の大部分にビビッドカラーを使っているから、小物は抑えた色使いにするとまとまります。


タイトスカートでちょっぴり女っぽ

身体のラインをキレイに見せてくれるタイトスカートは、白Tコーデをちょっぴり女っぽくキメたいときの秘密兵器。かといってやりすぎはいただけないから、タイトスカートを合わせるときこそカジュアルテイストに振ってあくまでもヘルシーにまとめるのがポイントです♡

出典: WEAR

くたっとした風合いの白Tと黒のプリーツタイトスカートで、嫌みのない色っぽさを演出。しなやかに身体に沿うスカートがつくる女性らしいIラインシルエットは、スタイルUP効果も抜群ですよ。

出典: WEAR

スポーティーなロゴTとベイカーパンツの組み合わせだとやんちゃになりすぎるところを、タイトシルエットのベイカースカートを選ぶことで女っぽさをプラス。スニーカーやメルカドバッグなどのカジュアル小物もシックなグレーで統一すれば、グッと着こなしが洗練されますね。

出典: WEAR

すそがフレアになったマーメイドラインのクロシェスカートは甘め要素満載だから、白Tでカジュアルダウンするくらいがちょうどいい感じ♡足もとにもスタンスミスでパキッと白を効かせたら、トレンドライクなクリアバッグで夏気分を盛り上げちゃいましょう。


夏こそ短め丈パンツに挑戦!

開放的な気分が高まる夏、ぜひ挑戦してほしいのがハーフパンツを使った白Tコーデ。特に2018夏はハイウエストやタック入り、裾幅の広いものなど大人っぽく履けるデザインが充実しているから、「足を出すのはちょっと…」と尻込みしているあなたも思いきってトライしてみて!

出典: WEAR

ハイウエストのデザインと広めの裾幅が、スタイルカバーとこなれ見えを叶えてくれるチノショートパンツ。あえてサイズアップした白Tをゆるっと合わせることで、身体が泳ぐような華奢感をアピールすることができますよ。

出典: WEAR

ゆったりとした身幅がリラックスムードたっぷりの白Tを、ハーフ丈のグルカパンツにゆるくイン。深く入ったタックと長めの丈感が、ビッグTシャツとのバランスを取ってくれる上にラフになりすぎるのを抑えてくれます。パンツの裾をまくるアレンジも、こなれ感を出すのに一役買ってくれますよ。

出典: WEAR

肉厚のクルーネックTは、軽く袖をまくって抜け感を演出。リネンブレンドの涼しげなハーフパンツにタックインしたら、ベルトの先を長く垂らして着こなしのアクセントに。ボーイズライクなコーデこそ、白×ブラウンのような落ち着いた配色を選択するのがキモですね。


白T×こなれボトムスで夏コーデを攻略♡

出典: WEAR

この夏の白Tコーデのイメージは固まりましたか?定番中の定番である白のTシャツだからこそ、こなれ見えが叶うボトムスで誰よりもおしゃれな着こなしを楽しんじゃいましょう!

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡