即おしゃれになれる!《白Tシャツ》に合わせたいこなれ見えボトムス♡

夏コーデの超定番アイテム白T。でも定番すぎるからこそ、逆にボトムス選びで悩んでしまうことも…。そこで、こなれた白Tコーデを完成させてくれるボトムスをご紹介。この夏は白T×こなれ見えボトムスで、とびきりおしゃれな着こなしを楽しんじゃいましょ♡

夏の白Tコーデはボトムス選びが重要です!

出典: WEAR

夏のカジュアルコーデに欠かせない白T。でも誰もが持っている定番アイテムゆえに、おしゃれに着こなすのが難しいと感じたことはありませんか?そんなときこそ、ぜひ白Tに合わせるボトムスにこだわってみて。誤魔化しのきかない白Tコーデだって、きちんと吟味したボトムスを合わせれば簡単にこなれ見えが叶っちゃうんですよ♡


王道デニムは”ハイウエスト”と”太すぎない”がキーワード

白T×デニムは王道の組み合わせ。だからこそこなれ見えするデニムを選んで、おしゃれにシンプルコーデをキメたいもの。2018夏のデニムは、ハイウエストがマスト。加えて、ハリのあるデニム生地はワイドすぎるともっさりしてしまうから、ストレートのように太すぎないものがベストです。

出典: WEAR

太ももから膝下まですとんと落ちるストレートデニムは、肉感を拾わず脚をキレイに見せてくれます。ハイウエストだから、白Tをインして腰位置を高く見せることも。ほんの少し効かせたウォッシュ加工で、こなれ感も一気にUP♡ただ履くだけで白Tコーデがサマになっちゃうデニムは、ヘビロテ必至ですね。

出典: WEAR

キレイめに履けるインディゴも、おすすめのカラー。裾を太めにロールアップすると、メリハリを出せますよ。ポインテッドトゥパンプスを合わせて、ちょっぴりレディな着こなしを満喫しちゃいましょう!

出典: WEAR

白Tに薄色デニムを合わせるのは膨張が気になるけれど、ハイウエスト×スリムストレートなら腰まわりをキュッと引き締めてすっきり履きこなせますね。くるぶしがのぞく丈感と裾のカットオフ仕様が、白のノースリーブTシャツをいっそう軽やかに仕上げてくれますよ。

出典: WEAR

フレアシルエットのデニムも、太すぎないものがGOOD!スリット入りのクロップド丈をチョイスして、抜けを出すことを意識してみて。


ワイドパンツは夏でも健在

ゆるっと履けるワイドパンツは、リラックス感がほしい夏コーデに最適。色の淡いものや、薄手の生地のものなら軽やかさを出せるのでボリュームも気になりません。もはや定番アイテムともいえるワイドパンツですが、この夏もデニムとは違うベクトルで白Tをおしゃれに見せる頼もしい相棒になってくれそうですね。

出典: WEAR

コンパクトな白Tには、大胆なくらいのワイドシルエットを合わせるのも素敵♡センタープレスが効いているから、Tシャツ×チノパンのカジュアルコーデもラフになりすぎず、程よいきちんと感をキープできますね。

出典: WEAR

リラックスムード満点のワッフルパンツを大きめの白Tにゆるっと合わせて、ストレスフリーな履き心地を楽しんで。ホワイト×ベージュのやわらかなワントーンでまとめれば、楽チンコーデでもバッチリこなれ見えが叶っちゃいます。

出典: WEAR

メンズライクなポケットTシャツは、黒のドット柄ワイドパンツでほんのりガーリーなMIXコーデに。さらりとした光沢のある生地にランダムに散りばめられた小粒ドットなら、スタイリッシュな印象が強まって甘くなりすぎずに履きこなせますよ。


華やかに着こなすならカラースカートを

カジュアルコーデに欠かせない白Tですが、鮮やかなカラースカートに合わせれば華やかな着こなしにも使えちゃうんです。むしろ白Tがスカートの甘さを中和してくれる分、媚びのないガーリースタイルを楽しみたいときにはうってつけの組み合わせといえるかも!?

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事