「買ったはいいけど…」派手色服の合わせ方わからない問題を解決!

夏になると目に止まる華やかな色のお洋服。季節感たっぷりで魅力的ですよね。今回は普段派手色を着ない人が陥りがちな「買ってみたはいいものの、取り入れ方がわからない!」というお悩みに応えるべく、簡単に取り入れるコツをまとめてみました!

夏だから買ってみたけど、派手色服の最適コーデがわからない!

出典: ZOZOTOWN

夏のHAPPYな雰囲気に合わせるように、街でも明るい色のアイテムをたくさん見かけますよね。ベーシック派の皆さんもついつい手にとって、あとで「ところで何と合わせたらいいんだろう…」と思ってしまったりすること、あるのではないでしょうか?今回はそんな派手色アイテムを大人っぽく取り入れるコツをお伝えします。タンスの肥やしになってしまう前に、ぜひチェックしてみて!


+モノトーンカラーで派手色をクールダウン

派手色の華やかさはモノトーンカラーでクールダウンするのがおしゃれな着こなしの近道。一つのアイテムが華やかカラーなら、あとは全てモノトーンに統一すると洗練されたスタイルになりますよ。


×ホワイトなら派手色一点主義コーデの完成

出典: WEAR

鮮やかなピンク色のスカートにはホワイトのブラウスでロマンティック度を上げて。足元にはスニーカーをチョイスしてカジュアルダウンは必須。グレーでコントラストを和らげればデイリーコーデに。

出典: ZOZOTOWN

明るい気持ちになれそうなイエローのトップスにはホワイトのパンツを合わせて爽やかさをプラスして。ブラックの小物を取り入れれば好印象なこなれスタイルに。


×ブラックならどんな色でも洗練コーデに格上げ

出典: ZOZOTOWN

フレッシュなオレンジにはブラックのハイウエストパンツで辛口なコーディネートになります。パキッとした色の組み合わせはそれだけで華やかなので、アクセサリーは控えめにシンプルなおしゃれを楽しんで。

出典: WEAR

レディなピンク色が女心をくすぐるリブニットは、ロンパースやキャミワンピのインナーにすると◎シャープな印象のブラックがピンクの甘さを女っぽさに変えてくれます。同系色のパンプスを合わせてまとまりのあるコーディネートに仕上げると◎


派手色をマイルドにしたいなら+ベージュがベストカラー

万能カラーのベージュ。地味色はこなれた印象にしてくれますが、華やかな色と合わせると程よいカジュアル感と大人っぽさのある雰囲気にしてくれます。

出典: WEAR

エメラルドグリーンの夏らしい雰囲気はそのままに、ベージュが大人っぽさをプラスしてくれます。普段はあまり着ないような派手色アイテムも、落ち着いたカラーリングが好きな大人女子の皆さんだから、簡単に取り入れられちゃうんです♪

出典: WEAR

コンサバなイメージのピンクブラウスもベージュのワイドパンツで一気にカジュアルなスタイルに!とろみのある素材がフェミニンな雰囲気を醸し出してくれています。派手色を取り入れるときは、ほかのアイテムカラーを統一させればごちゃついた印象になりませんよ。


やっぱり派手色服にもデニム推しです

どんなアイテムも優しく包み込んで大人カジュアルコーデに変えてくれるデニムはもちろん派手色服にもマッチします。形や色の風合いによって印象は変わりますが、いずれもデニムのカジュアルな雰囲気で難なくおしゃれ見え成功!ワンツーコーデもレイヤードコーデも、デニムがあれば一安心です。

出典: WEAR

セクシーな赤にデニムパンツを合わせて女っぽいスタイルに。ナチュラルカラーの小物を合わせれば、ヘルシーさも加わるので自動的にいい女度もアップしちゃいます。

出典: WEAR

爽やかなレモンイエローのワンピースは、レイヤードコーデで周りと差をつけた着こなしがGOOD!ワイドシルエットのデニムパンツと抜け感のあるスニーカーを合わせればトレンド感満載なスタイルに。

出典: WEAR

単体で見ると「派手だな~」と思う色も、コーディネートしてしまえばこっちのもの。鮮度の高いマゼンタピンクはブラックデニムと合わせるとこなれ感が生まれます。クリアバッグ+タウンビーチサンダルでとことん肩の力を抜いて!


アクティブムード満載な派手色×メンズライクアイテム

実は派手色と好相性なメンズライクアイテム。クールなアイテムと華やかな色が合わさるとアクティブな雰囲気が漂います。デイリーコーデにはもちろん、フェスやアウトドアシーンにもおすすめです。

出典: WEAR

こってりとしたオレンジが夏らしさ満点なTシャツに、ボディバッグのコントラストがスタイリッシュなムードを醸し出してくれています。ハイウエスト+プラットフォームサンダルでスタイルアップも忘れずに。

出典: ZOZOTOWN

濁りのない鮮明な赤には、ヴィンテージライクなTシャツを選べばこなれたリラックススタイルに。全体的にゆるいシルエットを意識して特別感を出さないのがポイント。足元はもちろんスニーカーでラフさを極めて。


派手色服を制せば夏も制したも同然です

出典: ZOZOTOWN

普段あまり着ない色はどうしても使用頻度が低くなってしまいますが、それってかなりもったいない!お手持ちのアイテムとあわせてコーディネートを楽しみましょ。派手色服を上手に取り入れられたら、夏のおしゃれに怖いものはありませんよ♡

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡