ティントとは違う! 落ちないと噂の“フィルムリップ”の実力とは?♡

みなさんは最近発売された「フィルムリップ」って知っていますか?何やら、食事をしても手で触っても落ちないリップらしいのですが…。落ちないの代名詞とされる「マットリップ」や「ティントリップ」と違い、発色だけでなくツヤ感もキープしてくれる新感覚リップなのだとか!とはいえ、まだまだ謎が多いフィルムリップ。実際に使ってその魅力を深ぼりしてみました。

新・落ちないリップ登場!新参者「フィルムリップ」って?

ティントとは違う! 落ちないと噂の“フィルムリップ”の実力とは?♡の2枚目の画像

落ちないリップといえば、「ティントリップ」や「マットリップ」を思い浮かべる人が多いと思いますが…。最近新たに「フィルムリップ」というNEWアイテムが登場したのを知っていますか?何やら聞くところによると、発色が長持ちする他に、ツヤ感や潤い感もキープしてくれるアイテムとのこと。

とはいえ、正直どうなの?と思う人も多いはずなので、今回はまだ謎が多いフィルムリップの魅力に迫るべく、実際に使ってその使用感&落ちにくさをリアルにお伝えしちゃいます!


コスメ・デ・ボーテの「ノーメスリップス」

ティントとは違う! 落ちないと噂の“フィルムリップ”の実力とは?♡の3枚目の画像

ノーメスリップス 1,200円/コスメ・デ・ボーテ

じゃじゃん!こちらが話題のフィルムリップ。コスメ・デ・ボーテから発売されているもので、正式には「ノーメスリップス」という名称。「マットリップの仕上がり感が苦手」「ティントは発色が良すぎる」など、なかなか理想の落ちないリップに出会えない大人女性の為に作られた商品で、フィルムカラー&グロスコートの2in1タイプのリップとなっています。

このフィルムカラー+グロスコートを重ねて塗ることで、発色だけでなく、ツヤ&潤いも長時間キープできる…らしい。ん~、仕組みはなんとなく理解できましたが、まだいまいち仕上がりがイメージできないですよね?

次は実際に唇に塗って、気になる使用感をチェック。


“フィルム状”のカラーヴェールが唇にピタッと密着♡

フィルムリップは、はじめにベースとなるフィルムカラーを、その後に色持ちをよくするグロスコートを重ねて使います。

ティントとは違う! 落ちないと噂の“フィルムリップ”の実力とは?♡の4枚目の画像

塗る際は写真のように、唇の縦じわに沿って埋めるように塗るのがポイント。フィルムカラーだけだとマットっぽい質感で、唇との密着度が高いのは塗っていながらでも実感できます。比較的小さめのチップなので、口角などの細かい部分も問題なく塗ることができますよ。


グロスでコーティングすることで、落ちにくさがさらにUP!

ティントとは違う! 落ちないと噂の“フィルムリップ”の実力とは?♡の5枚目の画像

フィルムカラーが乾いたら、その上からグロスコートを塗り塗り…。こちらも縦じわを埋めるように塗るのが、落ちにくいリップを作るポイントなのだとか。重ねると先ほどまでのマットな質感がウソのように、ちゅるるんと潤います。

一見グロスと似ているのですが、グロスよりも水分量が多くさらっとしたテクスチャーでベタつき感は少なめ。水々しい透明の膜が唇に張るイメージで、ルージュのような見た目に見事にチェンジするんです!


どれだけ落ちない?1日検証してみた!

では、肝心の落ちにくさは?今回は塗ってから、いつも通り普通に食事をしたり、飲み物を飲んだりして、どれだけ落ちないのか検証。意識せず生活をして、8時間後の変化を見てみることにしました。

さて、その結果は……?

ティントとは違う! 落ちないと噂の“フィルムリップ”の実力とは?♡の1枚目の画像

塗りたて時よりもちゅるん感はなくなっているものの、それでもまだしっとりと潤っていて発色は申し分なしです!むしろ時間が経つごとに唇に馴染んできて、肌なじみのいい発色に。つけている間のストレスもなく、リップクリームなどの保湿アイテムなしでも潤いをキープしてくれていたので、乾燥する季節には特に嬉しいアイテムかも!

マットともティントとも違う…この仕上がりを見れば「確かに!」と納得できるはずです♡

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事