ぷるぷる唇を作るためにすべきこと♡ リップクリームじゃ足りないよ〜!

ぷるんとした女性らしい唇をキープするために欠かせないリップケア。「毎日リップクリームを塗っています」という人も多そうですが、それだけでは足りないかも。唇は私たちが思っている以上に、乾燥や紫外線など"ダメージ"を受けている場所。ぷるぷるんな潤い唇を叶えるためには、ちょっぴり手をかけたケアも大切だったりするんです。

日々の唇ケア、リップクリームだけで終了してない?

ぷるんとした女性らしい唇を維持するために欠かせない「リップケア」。特に乾燥の季節は少しケアを怠っただけで、皮がむけたり、荒れてしまったりと…。ケア内容がそのまま、唇に現れてしまいますよね。

ぷるぷる唇を作るためにすべきこと♡ リップクリームじゃ足りないよ〜!の1枚目の画像

毎日リップクリームを塗る。これももちろん大切ですが、ぷるぷるの唇を叶えるにはプラスαのケアがキーなんです。おすすめしたい3つのケアをまとめてみたので、明日から早速試してみましょう♡


試してぷるぷる唇に♡おすすめしたい3つのケア方法


唇のくすみが気になるときは?「リップスクラブ」でケアを

ぷるぷる唇を作るためにすべきこと♡ リップクリームじゃ足りないよ〜!の2枚目の画像

「唇がどんよりとしてリップがきれいにのらない」みなさんもそんな経験ありませんか?特に季節の変わり目に現れやすい症状ですが、これは唇に目には見えない角質が溜まっているからなんです。唇のトーンアップを狙うなら、リップスクラブを使って血行促進&角質を除去。唇の上にスクラブをのせてクルクルとマッサージするだけで、唇を”本来の柔らかな状態”に戻してくれるんです。

ぷるぷる唇を作るためにすべきこと♡ リップクリームじゃ足りないよ〜!の3枚目の画像

スクラブは「LUSH(ラッシュ)」や「MAC(マック)」のものが有名ですが、実は家にあるもので手作りすることも可能。しかも、「お砂糖にハチミツを加える」このわずか1ステップでできちゃうので、手間も時間もかかりません♡高い保湿力のハチミツが唇に潤いを与え、お砂糖が角質を優しく絡め取ってくれるんです。実際にふっくら感もアップしたので、すごくおすすめですよ。

季節の変わり目や、汚れが溜まっているなと感じたときにぜひ試してみてくださいね。


かさつきが気になるときは?「リップパック」で集中保湿

ぷるぷる唇を作るためにすべきこと♡ リップクリームじゃ足りないよ〜!の4枚目の画像

くすみよりもカサつきの方が気になる人は、市販のリップパックで集中保湿。1枚100円前後で購入できる「CHOOSY」は、”一瞬でぷるっぷる”という商品説明の通り潤い効果抜群。たっぷりの美容成分がぐんぐん浸透し、パックを剥がした後はもちっとハリのある唇に変身します。香りの種類も豊富なので、気分や好みに合わせて選べるという楽しさも♡


荒れを急ピッチで治したいときは?「ラップパック」で速攻ケア

ぷるぷる唇を作るためにすべきこと♡ リップクリームじゃ足りないよ〜!の5枚目の画像

皮向けなどのひどい荒れを急ピッチで治したいときは、ラップ・リップバーム・タオルでできる「ラップバック」で速攻ケア。バームがない場合はヴァセリンでも代用できます。

ぷるぷる唇を作るためにすべきこと♡ リップクリームじゃ足りないよ〜!の6枚目の画像

やり方はお風呂上がり後のきれいな状態の唇に、たっぷりとバームを塗って…。

ぷるぷる唇を作るためにすべきこと♡ リップクリームじゃ足りないよ〜!の7枚目の画像

その上からラップをON。唇の大きさに合わせてカットするとフィットしやすくなりますよ。

ぷるぷる唇を作るためにすべきこと♡ リップクリームじゃ足りないよ〜!の8枚目の画像

最後にホットタオルを上からのせて、バームを唇に浸透させます。こうすることで効果的に保湿することができ、荒れていた唇表面がなめらかになるんです。パック時間は3~5分ほどでOK。ただ、”やればやるだけ効果が上がる”というものではないので、自分の唇の状態を見ながら、集中ケアが必要だと思ったときに試してみてくださいね。


ぷるぷる感をキープしたいなら、日々の習慣にも意識!

せっかくケアしても、荒れやすい習慣を続けていたら意味がなし。ここからはぷるぷる唇をキープするために意識すべき4つのことをご紹介します。


①唇はなめない・こすらない・噛まない

ぷるぷる唇を作るためにすべきこと♡ リップクリームじゃ足りないよ〜!の9枚目の画像

唇の乾燥が気になるからとなめるのはNG。なめて潤うのは一瞬だけで、その行為がさらなる乾燥を引き起こしてしまうんです。同様にこする・噛むなど、唇にダメージを与えてしまうクセもしないよう意識。唇は肌よりも繊細な場所なので、肌と同じくらい、またはそれ以上に負担をかからないよう注意すべき場所なんです。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事