眉メイク下手さんに共通する5つのNGポイントって?

印象を左右するパーツでありながら、メイクをするのが1番難しい場所とも言われている「眉毛」。「左右同じ形に描けない」「細いラインが難しい」など悩みは様々ですが…。実はそれ、眉メイク下手さんに共通する"5つのNG行為"が原因の場合も多いんです。あなたはOK?NG?ここでしっかりと確認して、眉メイク下手を卒業しましょう!

眉メイク下手には共通する5つのNG行為があるんです

眉メイク下手さんに共通する5つのNGポイントって?の2枚目の画像

他のパーツと比べて「苦手」と答える人が圧倒的に多いのが眉メイク。聞くと、「左右同じ形に描けない」「なぜか片方だけ濃くなる」など悩みは様々なんですが…。実は眉メイクが苦手な人には、メイク中に犯している5つのNG行為があったんです!

この記事を見れば眉メイク下手からの卒業も夢じゃない?解決策と合わせて紹介するので、「自分は大丈夫か?」しっかりチェックしていきましょう。


NG①光の当たり方が異なる場所でメイクしている

みなさんはお部屋のどこでメイクをしていますか?光が均等に当たっている場所でメイクしている人はOK。ですが、顔の片側にだけ光が当たる場所でメイクしている人は、「左右の眉の濃さが違う」などちょっぴりチグハグな仕上がりになっている可能性が高いです。

眉メイク下手さんに共通する5つのNGポイントって?の3枚目の画像

光が当たっている場所は薄く、かげの部分は濃く見えてしまうので、同じように描いているつもりでも色味が全然違ったり…。光の当たり方で骨格の見え方も異なるので、どうしても左右対象に描きづらいんです。メイクは顔全体に光が当たる場所で行うようにしましょう。


NG②眉頭から描き始めている

眉頭から描き始めているという人は、眉頭が濃くて眉尻が薄い”不自然な仕上がり”になっている可能性が大。眉毛は通常、眉山部分が1番濃く、その次に眉尻、そして眉頭が1番薄く生えています。なので描く際もそれを意識することで、ナチュラルな美眉に仕上げることができるはず。

眉メイク下手さんに共通する5つのNGポイントって?の4枚目の画像

方法としては、1番濃くしたい眉山から描き、眉尻、眉頭の順で仕上げることです。そうすることで濃淡のある自然な眉を作ることができ、描いている感も少なくなります。どうしても眉頭が濃くなってしまうという人は、アイブロウパウダーを使うなどアイテム選びを工夫するのも手。

眉メイク下手さんに共通する5つのNGポイントって?の5枚目の画像

描き方の順番を変えるだけで、眉毛の仕上がりも驚くほど変わるので、「眉頭から描いていた」という人は早速試してみてください。


NG③片眉しか映らない鏡でメイクしている

眉メイク下手さんに共通する5つのNGポイントって?の1枚目の画像

これも意識せずやってしまっている人が多そう!片眉ずつしか映らない鏡で、片眉ずつ仕上げるのは眉メイク下手の大きな要因!それもそのはず、形を揃えたいのにもう片方の眉毛が映っていないんじゃ揃えようがないですよね?

眉毛を描く際は、両眉が映る鏡で見比べながら行うこと。ベースメイクやリップなど見比べず仕上げられる場所にのみ使用するようにしましょう。


NG④状態の悪いアイテムを使用している

眉メイク下手さんに共通する5つのNGポイントって?の6枚目の画像

「気づいたらずっと同じアイテムやツールを使っている」なんて人いませんか?もしいるなら、ブラシがボロボロになっていないか?ペンシルの先は削れているか?など今一度状態をチェックしてみましょう。削れていないペンシルで描いても細い線は描けませんし、ボロボロのブラシで描いたら線は広がる一方です。

高いアイテムを使う必要はありませんが、ずっと使っているならそろそろ買い替えを検討するのもいいかも。状態がいいものを使うだけで、仕上がりが格段にアップするはずですよ。


NG⑤左右同じ形になるまでいつまでも描き足している

眉メイク下手さんに共通する5つのNGポイントって?の7枚目の画像

右を直したら左もちょっぴり直す、左を直したらそれに合わせてもう一度右を直す…など直す作業をいつまでも行なっているのもNG。描き足せば描き足すだけ、太くて濃い野暮ったい眉毛になってしまいますし、微調整を続けることがきれいな眉毛を作ることには繋がりません。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡