理想の髪型にしてもらうには? 美容師が教えるオーダー上手な伝え方♡

髪を切りたい! カラーしたい! と意気込んで美容室に行ったものの、施術が終わった頃には「思っていた仕上がりと全然違う」と思うこと、たまにありませんか?正直テンションも下がるし、こんなはずじゃなかった感は否めないですが…。それ、もしかするとオーダー方法に問題があるかもしれないんです。今回は、現役美容師さんに聞いた"伝わりやすいオーダーの仕方"を詳しくご紹介!

理想通りの髪型にならない。それ、オーダー方法に問題があるかも!

「思っていた仕上がりとなんだか違う」美容室に行った帰り、そう思うことありませんか?1回だけなどたまたまならいいのですが、そういうことが頻繁にあるという女性はオーダー方法にちょっぴり問題があるかもしれませんよ。

理想の髪型にしてもらうには? 美容師が教えるオーダー上手な伝え方♡の2枚目の画像
出典: Masanori Sawaki LOAVE AOYAMA(青山)

現役美容師が「これは伝わりやすい!」と思うオーダーの仕方とは?ポイントを押さえて詳しく紹介するので、美容室に行く予定がある人もない人も、しっかりチェックしておきましょう。


現役美容師に聞いた! 伝わりやすいオーダー方法


①違う角度からの写真を2~3枚用意する

▶︎美容師コメント

「写真1枚だけよりも、正面・サイド・バッグとそれぞれ違う角度からの写真を用意してもらう方が、理想のイメージが想像しやすいです。ただ、その写真から受け取るイメージは個人個人違うので、『どのあたりがいいと思うのか』も合わせて教えてもらえると助かるかも。

もちろん、『コレ!』というスタイルが決まっていない人は、異なるテイストの写真をいくつか用意するでもOK。その中から共通する雰囲気・特徴を見つけて、似合うスタイルを提案します!」

理想の髪型にしてもらうには? 美容師が教えるオーダー上手な伝え方♡の3枚目の画像

雑誌の切り抜きを持ってくる人や、雑誌をスマホのカメラで撮影してくる人、またホットペッパービューティーのスタイリング写真やインスタなど、ヘアスタイルを見つける場所はたくさんありますが…。大切なのは素材をいくつか用意しておくことなのだそう。

そのスタイルにしても、色や髪質が違うと思いどおりの仕上がりにならなかったりするそうなので、「毛先に動きがあるのがいい」「重たく見えないのがいい」など、写真を選んだポイントはある程度まとめておくとベターかも。


②なりたいイメージや仕上がりをはっきりと伝える

▶︎美容師コメント

「切り抜きや写真は用意できないという人は、なりたいイメージや仕上がりを具体的に伝えてもらえると助かります! 例えば『長さはボブで~』よりも、『首がきれいに見えるボブで~』の方がイメージしやすいし、『それなら前下がりにしようか』とかその先の提案もしやすいかなと。」

理想の髪型にしてもらうには? 美容師が教えるオーダー上手な伝え方♡の4枚目の画像
出典: Masanori Sawaki LOAVE AOYAMA(青山)

具体的にオーダーする。当たり前だけど大切なことですよね?とはいえ、「そんなの難しい…」という人はキーワードの羅列でもOK。「クールな雰囲気」「仕事できる風」「ダウンスタイルもアップスタイルも似合う」など、”理想のイメージ”や”こう見られたい”というポイントを書き出してみるといいかもしれませんよ。また、なりたい長さと合わせて、なりたくなり長さも伝えることで失敗を防ぐことができます。


③髪の悩みをきちんと伝える

▶︎美容師コメント

「『こうなりたい!』っていう理想だけでなく、髪の悩みもしっかり伝えて欲しいです! その人のなりたい髪型=悩みを解決する髪型っていうわけじゃないので、カウンセリングしながらどちらも叶えられるスタイルを提案します。」

理想の髪型にしてもらうには? 美容師が教えるオーダー上手な伝え方♡の5枚目の画像
出典: Masanori Sawaki LOAVE AOYAMA(青山)

「くせ毛に悩んでいる」「毛先が広がりやすい」「赤味が出やすい」などの髪の悩み(髪色の悩み含め)と合わせて、「顔を小さく見せたい」など顔まわりの悩みも一緒に伝えるのがベター。

1
2
3

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡