その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!

なかなかコツが掴みにくい眉メイクは、やればやるほどのっぺり眉に見えてしまう厄介なヤツ。眉メイクが上手な人はあるテクニックを使って"立体的"な眉毛に仕上げているみたいなんです。紹介する5つの方法を覚えれば眉メイク上手さんになれるかも!?

眉メイクが下手な理由、それは「のっぺり見え」にありました

なかなか上達しないという声が多い眉メイク。様々なアイテムを試してみても、しっくりくる方法が見つからない…との嘆きもチラホラ。その中でも特に多いのが「ふっさりとした立体感が出ない」というもの。

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の1枚目の画像

パウダーやペンシルで書くと、どうしても全体的にのっぺりとしてしまって、顔に貼り付けたような仕上がりになりやすいんですよね。

何かと難易度が高い眉メイクですが、実はあることを意識すれば簡単にふわっとした立体眉が完成するんです!方法は5つあるので、ぜひこの中から自分にあった方法を見つけてみてくださいね。


覚えておくべし!眉毛が立体的に見える方法5つ

立体眉を見る前に、眉メイク下手にありがちなのっぺり眉毛をチェック。いったいどこがのっぺり見えるポイントなんでしょう?

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の2枚目の画像

まず注目すべき点は眉頭。しっかりと色が乗っているせいか、「THE・眉毛」という印象…。毛自体にも立ち上がりがなく、ただ描いただけ!という仕上がりですね。それに、全体を同じ色で描いているから奥行きが全くない状態!正面から見たときはまだいいけれど、他の角度から見たらやや不自然な仕上がりかも。

これをどうしたらふわっと自然な眉毛にできるのか?


その1▶︎〈スクリューブラシ〉で毛を立てる!

眉メイクに欠かせないメイクツールこと、スクリューブラシ。パウダーを馴染ませるという意味でも、これは欠かせない存在。そして実はこれを使えば、立体眉は完成されるんです。

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の3枚目の画像

スクリューブラシはどんなものでもいいですが、使いやすいのは先端がななめになったもの。左右どちらの眉毛も均等に整えることができますよ。

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の4枚目の画像

使い方はとっても簡単!毛流れに沿って、眉の上をなぞるだけ。テクニックいらずだから、誰でもすぐにトライできちゃう。

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の5枚目の画像

ただただ色をのせただけの眉毛に比べて、自眉に馴じんで自然な仕上がり。眉頭の色も薄くなって、抜け感を取り入れることができました。意外と使わない人も多いみたいだけど、実はかなり優秀なツールなんです。


その2▶︎眉毛の色を〈三等分〉する

多色入りのアイブロウパレットの中の一色だけで眉メイクでをませている人はいませんか?もしいたら、それってかなりもったいない!パレットの色を全て使うことで、立体眉は完成するんです。

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の6枚目の画像

①:薄い色

②:中間色

③:濃い色

とそれぞれ色の濃さを認識したら、①の薄い色から順番に眉毛にのせていきます。

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の7枚目の画像

薄い色は眉頭にして、そこからは綺麗なグラデーションになるように中間色、濃い色をのせていきますよ。眉に濃淡を作ることで奥行きが生まれ、自然な立体眉に。境目はスクリューブラシでなじませて、ナチュラルに仕上げましょう。

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の8枚目の画像

ペタッとした見た目から、ふわっとした雰囲気に大変身。薄いのに、しっかりと立体感を感じられるふんわり眉になりました。


その3▶︎眉毛の下に〈影〉をつける

眉毛そのものを立体的に見せることに成功したら、次は眉の下にちょっとした工夫を。

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の9枚目の画像

薄く影をつけることで骨格から立体的に見せる方法は、目元の彫りも深く見えるおすすめのテクニック。アイブロウパレットの中にある薄い色を選べば自然な仕上がりになります。

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の10枚目の画像

影を入れるのは眉頭~中心あたりまで。眉の真下をブラシでさっと色付けます。そのままブラシか指で軽く馴染ませれば完成!

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の11枚目の画像

少し陰影がプラスされるだけで一気に奥行きのある眉毛になります。他の技と合わせて、試してみるのがおすすめ!


その4▶︎〈眉マスカラ〉で毛にコーティング!

使っている人も多い眉マスカラ。眉毛をコーティングすることで毛そのものにボリュームが出るので、自ずと立体的な眉毛に!

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の12枚目の画像

毛の一本一本を際立たせてくれるので、明るい色でも存在感のある眉毛に仕上がりますよ。

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の13枚目の画像

気を抜くとべったりと色がついてしまう眉マスカラは、眉間をグッと寄せながら塗ると簡単。色々な角度からチェックして、塗り残しがないように仕上げて。

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の14枚目の画像

眉マスカラのおかげで、全体的に明るくなりつつもふさっとした立体眉毛に大変身!自眉のようにナチュラルで、一気に垢抜けた印象になります。


その5▶︎眉毛に〈ヴァセリン〉を塗って整える

マルチに使える万能アイテムのヴァセリン。肌に塗ることが多いアイテムですが、実は眉毛に塗って立体感をUPさせるという裏技もあるんです。

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の15枚目の画像

スクリューブラシに少量つけて、眉毛を整えるだけなのですがこれが以外にも効果抜群!眉毛にツヤ感が出るので、光に当たると立体的に見えるんですよ。

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の16枚目の画像

ヴァセリンは無色透明なので「眉マスカラは失敗しそうでまだ怖い…」なんて人にもおすすめ。眉頭を立たせることで、今っぽいクールな雰囲気の眉に。しっかり濡れ感を出せば、色っぽい印象に仕上げることもできますよ。


これであなたも立体眉GET♡

その眉毛、のっぺりしてない?眉メイク上手のポイントは”立体感”にあり!の17枚目の画像

メイク下手に見えちゃうのっぺり眉はもう終わり!これからはふさっと立体眉を作りましょ。

※アイテムは全て編集部の私物です

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡