【保存版】絶対崩れない!夏のベースメイクテク♡

夏は汗のせいでベースメイクがドロドロに崩れがち。メイクしたばっかりなのに、駅についてすぐ、あるいは会社についてすぐメイク直しをすることも日常茶飯事ですよね。そんな手間をなくすべく、ヨレ知らずなベースメイクの作り方をレクチャーします!

絶対崩れない夏のベースメイクをレクチャー

【保存版】絶対崩れない!夏のベースメイクテク♡の2枚目の画像
夏の最大の悩みは、どう頑張ってもベースメイクが崩れてしまうこと。家から駅の道のりだけで、ハイ、アウトー!なお顔になってしまうことも多々ありますよね。そんな悩みをもつみなさんに知ってほしいヨレ知らずなベースメイク方法をレクチャーしていきたいと思います。

まずは用意するもの!

【保存版】絶対崩れない!夏のベースメイクテク♡の1枚目の画像

a.下地

b.日焼け止め

c.リキッドファンデ

d.パウダー

e.スポンジ

f.部分用下地

g.ファンデ用ブラシ

h.パウダー用ブラシ

i.ミスト

夏のベースメイク作りは、下地がとても重要なんです。「たくさん塗ったら崩れやすくなりそう…」と思う人もいるかと思いますが、余分な油分をオフしたり、塗りすぎに注意すれば崩れにくいベースが完成できちゃいます。用意するものは少し多くなってしまいますが、ぜひ揃えてください!

ベースメイクは念入りに作るのがGOOD!

【保存版】絶対崩れない!夏のベースメイクテク♡の3枚目の画像


洗顔をし、スキンケアをしたあとは少し時間をあけるのがポイントなんです。最低でも5分はあけて、浸透するのを待つのがGOOD!すぐにはじめてしまうと、ヨレる原因に。

【保存版】絶対崩れない!夏のベースメイクテク♡の4枚目の画像


まずは下地を塗ります。鼻・ほうれい線・おでこ・あご・目元には薄塗りが◎皮膚が動く部分は崩れやすいので、塗りすぎないベースメイクを心がけましょう。


ここでひと手間!化粧品には油分が入っているので、スポンジで少し吸い取ってあげます。ポンポンと軽く叩くだけで大丈夫です。ティッシュだと油分をオフしすぎてしまうこともあるので、スポンジがちょうどいいですよ。

【保存版】絶対崩れない!夏のベースメイクテク♡の5枚目の画像


肌を守るためには日焼け止めが欠かせないですよね。これは全体にしっかりめに塗っていきましょう。下地→日焼け止めの順番で塗ってあげることで、ヨレやすい部分への塗る回数が減るのでしっかりとしたベースになってくれるんです。


ここでもひと手間!②と同様にスポンジで油分をオフしていきます。油分がありすぎるとすぐにメイクが崩れてしまうので要注意です。

【保存版】絶対崩れない!夏のベースメイクテク♡の6枚目の画像


部分用下地は①のときに薄く塗った、目元や鼻にしっかりと塗っていきます。崩れやすい部分には、パーツにあった下地を塗ることで、ヨレにくくなるんです。

【保存版】絶対崩れない!夏のベースメイクテク♡の7枚目の画像

リキッドファンデーションは顔に点置きをします。それをブラシを使って薄く塗るのがおすすめです。指で塗ると均等に塗れないだけでなく、指の皮脂が化粧崩れの原因になってしまいますよ!油分の多いファンデを塗るときはブラシが◎そして特に顔の中心やおでこは極力薄めに塗ってください。たくさん塗るほど崩れやすくなります。

クマや肌荒れなど、気になるところには指を使ってちょんちょんと2度塗りしましょう。カバーしきれない人はここでコンシーラーを使ってもOKです。

【保存版】絶対崩れない!夏のベースメイクテク♡の8枚目の画像

パウダーファンデーションや、ルースパウダーでさらっとリキッドファンデを固めてあげてください。ブラシを使ってふわっと薄めにON。付属のスポンジで付ける場合は少しお粉を振り払ってつけてあげないと、つけすぎてしまうこともあります。

最後に保湿をしてくれるミスト化粧水をかけて完成です。顔から離して、シュッシュッとふりかけてくださいね。そのあとにチークや眉メイクなどをスタートしてください。

この夏は崩れ知らずの肌でいこう♡

【保存版】絶対崩れない!夏のベースメイクテク♡の9枚目の画像

少し手順や使うものが多いですが、メイク直しをする手間を考えたら、最初のメイクの段階でしっかりしておく方が楽チンじゃないですか?ぜひ参考にしてこの夏を乗り越えてくださいね。

1

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡