今から春まで活躍する《ペールトーンカラー》をおしゃれに取り入れて♡

暦の上では春だけれど、寒い日の方が多い今の時期はまだまだ冬服が大活躍。ですが、来たる春に先駆けて、「ペールトーンカラー」を取り入れたコーデで、雰囲気だけでも新しい季節を感じてみませんか?全部を変えずとも明るい雰囲気にする方法はあるんです!

今から春までず~っと着られるのは「ペールトーンカラー」のアイテム!

今から春まで活躍する《ペールトーンカラー》をおしゃれに取り入れて♡の1枚目の画像
出典: WEAR

気持ちは春だけれどまだまだ肌寒い冬の終わり。まずは色から季節感を取り入れたコーデをすべし!淡いクリアな「ペールトーンカラー」のアイテムなら、冬から春まで長く使えちゃいます。トップス、ボトムス、足元…ちょっとしたところからでも春らしいムードを取り入れることはできるんですよ♡


まずはボトムスで取り入れるのが手っ取り早い&簡単かも!

ボトムスなら冬から春先までなが~く使うことができるんです!暗めカラーをはじめ、どんな色のトップスにもしっくりくるので、春の先取りはまずはここからチャレンジしてみて。

今から春まで活躍する《ペールトーンカラー》をおしゃれに取り入れて♡の2枚目の画像
出典: WEAR

ペールトーンならピンク色も落ち着いた雰囲気なので気軽にコーデに取り入れることができます。ベージュと組み合わせれば甘さ控えめなスタイルに。

今から春まで活躍する《ペールトーンカラー》をおしゃれに取り入れて♡の3枚目の画像
出典: WEAR

クールなライダースジャケットはペールトーンのイエローパンツでリフレッシュさせて!パッと目を引く華やかさがハードな素材感のアイテムも柔らかなムードに仕立て直してくれますよ。

今から春まで活躍する《ペールトーンカラー》をおしゃれに取り入れて♡の4枚目の画像
出典: WEAR

淡いグリーンのプリーツスカートは白ニットとの相性も抜群。暗い色のコートの中に差し色感覚で取り入れれば、一足早く春を感じることができるはず。総レースのスカートも、ペールトーンなら程よい甘さで着こなせますよ♡

今から春まで活躍する《ペールトーンカラー》をおしゃれに取り入れて♡の5枚目の画像
出典: WEAR

冬らしいブラウンニットも淡いベージュのスカートと合わせれば一気に春めく仕上がりに!足元にスニーカーを合わせて大人っぽいきれいめカジュアルコーデを目指してみて。


足元からペールトーンが一番こなれてる?

トップスでもボトムスでもない、足元からペールトーンのアイテムを取り入れるのがもしかしたら一番こなれてるのかも。程よく華やかなシューズでコーデにアクセント&季節感をプラスしてあげるべし!

今から春まで活躍する《ペールトーンカラー》をおしゃれに取り入れて♡の6枚目の画像
出典: WEAR

モノトーンスタイルも、スニーカーがペールトーンのピンクならそれだけで春らしい装いに変わります。ルーズなリラックススタイルにはチェーンバッグを合わせて、カジュアルすぎない装いを心がけて!

今から春まで活躍する《ペールトーンカラー》をおしゃれに取り入れて♡の7枚目の画像
出典: WEAR

冬らしさ満点のボアジャケットも、ペールトーンのイエロースニーカーのおかげで軽やかさUP。ホワイトのソックスが見える丈感のデニムをセレクトすれば、抜け感もGETできますよ。

今から春まで活躍する《ペールトーンカラー》をおしゃれに取り入れて♡の8枚目の画像
出典: WEAR

オールホワイトのコーディネートにパープルのパンプスを合わせれば女度がグッと上がります。カジュアルなムード漂うサロペットワンピースも、足元のペールトーンカラーのおかげで落ち着いた印象に。パーカーを合わせて足元が主役のきれいめスタイルに格上げ!

今から春まで活躍する《ペールトーンカラー》をおしゃれに取り入れて♡の9枚目の画像
出典: ZOZOTOWN

ラフなGジャンコーデに華やかなイエローパンプスを選んで、カジュアルと大人っぽいのいいとこ取りスタイルに。重たく見えがちなブラックのワイドパンツも、イエローの効果で春らしい雰囲気に格上げされます。ペールトーンのものを選ぶことで大人女子でもチョイスしやすい、落ち着き感のある着こなしに。


なんだかんだでトップスが一番明るいムードをGETできそう!

顔まわりに明るい色がやってくるだけで、途端に春らしいスタイルに見えてしまうのは私だけではないはず…。なんだかんだでトップスにペールトーンが春の雰囲気を取り込むのにぴったりかも♡


気軽に取り入れたいならスウェットで

今から春まで活躍する《ペールトーンカラー》をおしゃれに取り入れて♡の10枚目の画像
出典: WEAR

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事