秋の結婚式、ドレスや羽織りはどうする? 正解お呼ばれコーデ

秋の結婚式にお呼ばれしたときの参列コーデって難しくないですか?ドレスだけでなく行き帰りのアウターから会場内での羽織りまで、考えることはたくさんありますよね。大人っぽくておしゃれな結婚式コーデでお祝いするために、事前準備をしておきましょう!

秋の結婚式にお呼ばれ!参列コーデはどうする?

出典: ZOZOTOWN

秋の結婚式にお呼ばれした時のコーデって、行き帰りのアウターから会場内での羽織りまで考えることがたくさん。場違いな服装をしないためにも準備をしっかりしておきたいですね。大人っぽくておしゃれな参列コーデでお祝いしましょ♡


ドレス派さんの参列コーデ

結婚式のお呼ばれコーデと言えば「ドレス」が基本ですよね。とはいえ種類が多すぎてどれを着たらいいのか…おしゃれな上に喜ばれるドレスを紹介します。


袖レースなら1枚でOK

出典: ZOZOTOWN

結婚式では肩を隠すのがマナーなので、ノースリーブのドレスには羽織が必須ですが、袖がレース仕様になっているドレスなら1枚でOK。袖に透け感のあるドレスはマナーをしっかり守るだけでなく、かわいさも手に入りますよ。


喜ばれるのはブラック以外の秋色ドレス

出典: ZOZOTOWN

フォーマルと言えば「黒」のイメージが強く、結婚式でも黒いドレスで参列している人がかなり多いですが、本当に喜ばれるのは「黒以外」のドレスなんです。結婚式が華やかに見えるので、あえて黒を外してみて。秋の結婚式は秋を意識した色にするといいですよ。その中でも、ボルドーのドレスは、落ち着きがありつつパッと明るい印象にもなります。

出典: ZOZOTOWN

ダークグリーンのドレスも、秋の参列コーデにピッタリ。カーキほど濃いグリーンになるとカジュアル感や地味さが出てしまうので、「深緑」くらいに抑えておくのがポイントです。上品で大人っぽい印象になりますよ。


パンツ派さんの参列コーデ

普段からパンツが多い人は、結婚式の参列コーデもパンツでOK。ドレスよりもスタイリッシュできれいめな仕上がりになりますよ。いつもよりドレスアップしたパンツスタイルが新鮮かも。


オールインワンやセットアップできれいにキメる

出典: ZOZOTOWN

パンツ派さんの参列コーデは私服感が出ないように、オールインワンやセットアップを選んで統一感を意識するといいですね。ドレッシーさを出すためにも、サテンなどの光沢感のある素材をチョイスするとおしゃれです。


ウエストマークは必須!

出典: ZOZOTOWN

パンツスタイルはドレスのように足元で肌見せができないので、ウエストマークをしてコーディネートのバランスを取るのが肝。ウエストに絞りが効いているものや切り替えが入っているものを選んで、スタイルアップも狙ってみて。

出典: ZOZOTOWN

セットアップの場合でも、ウエストはマークしたいです。トップスINで腰回りが気になるのであれば、ぺプラムトップスがかなり使えます!腰回りをカバーしつつウエストマークもできて一石二鳥。普段ドレス派の人がパンツスタイルにするなら、ぺプラムシルエットが取り入れやすいかも。


秋はアウターや羽織りも必要!

秋の結婚式で困るのは、行き帰りのアウターと会場内での羽織り。会場内と外で同じ格好で居られるほどの気温でもないので困りますよね。別々で用意するのが賢い選択です。


行き帰りはベージュのトレンチコートが間違いない

出典: ZOZOTOWN

行き帰りのアウターで、絶対に失敗しないのは「ベージュのトレンチコート」一択です!ベージュのトレンチコートはきれいめに見えるので、参列コーデにしっくりくるアイテムですよ。会場に着いたらクロークに預けるのでかさばる心配もありません。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事