今っぽ肌を叶える必須コスメ! ハイライトで作るメイクHow To♡

ベースメイクの上に重ねるだけで、肌にツヤ感が生まれるハイライト。春夏のメイクにもぴったりのアイテムなのですが、実はいまいち使いこなせていない人が多いコスメでもあるみたい。ハイライトはつけすぎもつけなすぎもNG!上品に"うるツヤ感"を出すには、全体のバランスが大切なんです♡

そのハイライト、活かしきれてる?

ツヤ感を出したい今っぽメイクにぜひ取り入れて欲しいコスメ、ハイライト。「立体感が出せる」「ツヤ肌になれる」など、どういうものか分かってはいても、いざ使うとなると「どこにのせればいいの?」と悩んでしまう人も多いのでは?

悩んだあげく、ツヤを出したい場所全てにのせて顔中テカテカになってしまったり、一部にだけ使ってそこだけ悪目立ちしちゃったり…。その残念な仕上がりに満足していますか?使うだけで顔全体がパッと華やかになるハイライトは、味方にするが勝ちのお役立ちコスメ。正しい使い方をマスターしましょ♡


種類は大きく分けて、この3つ!

ハイライトは大きく分けて、「スティックタイプ」「パウダータイプ」「リキッドタイプ」の3種類あります。

写真を見てもわかるように、タイプによって質感も微妙に違うんです!使い方をマスターする前に、まずそれぞれの特徴を見ていきましょう♡


コンパクトで使いやすい!「スティックハイライト」

スティックハイライトはコンパクトなので持ち運びにも便利。ブラシを使わず肌に直接つけることができるので、手を汚さずにさくっと使えちゃいます。発色がいい反面、肌に直接使う為、ベースメイクが崩れやすいというデメリットも。その利便性の高さから最近特に人気が広まっていて、有名ブランドからも続々新商品が発売されていますよ!


肌馴染み抜群♡「リキッドハイライト」

リキッドハイライトは、ベースメイクの上からはもちろんのこと、下地としてベースメイクの前に使うこともできるんです!ウェットな質感が特徴で、ラメ感よりもツヤ感の方が強く出ます。目元付近など乾燥しやすい場所にもよく馴染み、肌との密着度も◎ただ、ムラになりやすくヨレやすいので、少量ずつのせるなど工夫が必要。


ふんわりナチュラルな仕上がりに♡「パウダーハイライト」

ハイライトと言えば、このパウダータイプをイメージする人が多いのでは?ブラシで少量ずつのせることができ、ふんわりと自然な仕上がりになるパウダータイプは、ハイライト初心者にもおすすめ。軽いつけ心地で、ベースメイクがよれにくいのも特徴の1つ。肌との密着度が低いのでどうしても粉っぽくなりがちですが、使いやすさは抜群です!ラメ感が1番強いのも、このパウダータイプ。

それぞれ仕上がりや利便性に違いがあるハイライト。初めて購入する人は、スティックorパウダーを買うのがベターかも?私は、よりツヤ感が出せるスティックタイプがおすすめです♡


この3箇所にのせると、バランスのいいうるツヤメイクに♡

ハイライトは、鼻・頬・口元の3箇所に入れるのが基本。そうすることで、上品&悪目立ちしない、自然なうるツヤメイクが完成します♡では、具体的にどのあたりにのせるといいのか?普段から使っている「RMK グロースティック」を使ってレクチャーしていきますね。


鼻▶︎鼻根をまたぎるようにのせる

立体的&きれいな鼻筋に見せる為には、鼻のつけ根部分をまたぐようにのせるのがポイント!

ポンポンと薄~くのせ、指を使って肌になじませていきます。あまり広げすぎると、ベースメイクがヨレてしまうので要注意!ゴージャスにならないよう、肌に仕込む感覚でのせるときれいな仕上がりに♡

ちょっと鼻が低くて参考にならないかも…。ですが、鼻ののぺ~っと感がなくなりシュッとしまります♡顔にメリハリが出るので、全体の細見えにも繋がりますよ!

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ

絶対見るべきローリエプレス記事5選♡

新着記事