おブス脚の原因になっている9つの悪習慣! 当てはまったら今すぐSTOP♡

知らず知らずのうちにおブス脚になることしちゃってませんか?習慣化されていて自分では気付かないおブス脚になる癖もあるんです。当てはまったら要注意なポイントは9つ。美脚を目指したいのなら日頃の生活から気にかけると変わるはず!

今すぐやめて!おブス脚になる悪習慣

おブス脚の原因になっている9つの悪習慣! 当てはまったら今すぐSTOP♡の2枚目の画像

あなたのいつもの習慣がおブス脚を作っているとしたら…?癖になっていると自分では気付かないこともありますが、なにげなくやっていることが、実はおブス脚の原因になっているんです。当てはまったら要注意なポイントは9つ。おブス脚を脱却するために今すぐ改善しましょう!


楽さを優先したらダメ!座り方の悪習慣

おブス脚の原因になっている9つの悪習慣! 当てはまったら今すぐSTOP♡の1枚目の画像

おブス脚は座っているときにも着々と作られていますよ。楽だからつい…と思ってやってしまう座り方がNGなことも。座っている時間が長い人はなおさら見直してみる必要がありそうです。


NG①脚を組む

おブス脚の原因になっている9つの悪習慣! 当てはまったら今すぐSTOP♡の3枚目の画像

脚を組むのは、どんな組み方であろうと絶対NG。体がねじれて骨盤が歪むと脚だって大打撃です。特にいつも一方ばかり脚を組んでいる人はすでに歪んでいる可能性大なので気をつけて。


NG②膝と膝が開きがち

イスに座っているときに膝と膝が開きがちな人は、内ももの筋力がないので脚が太りやすくなるんです。意識して膝同士をくっつけるようにすると脚に力が入って鍛えられますよ。最初はキツイかもしれませんがきれいな脚になるためにやってみて。オフィスや電車内で座るときなど、ちょっとした時間でもやってみると◎


NG③地べたに座る時に非対称な座り方をしている

おブス脚の原因になっている9つの悪習慣! 当てはまったら今すぐSTOP♡の4枚目の画像

床に座るとき、どんな座り方をしていますか?よくないのは左右非対称な座り方。脚を横に投げ出す”横座り”や片膝を立てた座り方は歪みの元ですよ。癖でやってしまう人は見直しが必要です。


盲点!立っているときの悪習慣

おブス脚の原因になっている9つの悪習慣! 当てはまったら今すぐSTOP♡の5枚目の画像

立っているときは脚を使っているから鍛えているような気がしますが…意外な盲点がありました。立っている時の姿勢や歩き方はあまり意識していないので癖になっていても気付かないことが多いかも。


NG④片脚重心立ち

おブス脚の原因になっている9つの悪習慣! 当てはまったら今すぐSTOP♡の6枚目の画像

何気なく立っている時、両脚に均等に体重をかけていますか?意識したことがないかもしれませんが、片脚に重心をかけている人って多いですよ。なにかに寄りかかっているのも片脚に重心がかかっている状態なのでバランスが悪いんです。しっかり背筋を伸ばしてまっすぐ立ちましょう!


NG⑤全然歩かない

おブス脚の原因になっている9つの悪習慣! 当てはまったら今すぐSTOP♡の7枚目の画像

ちょっとの距離でもタクシーやバスなどを使ってしまったり、歩くのが嫌いな人は運動不足で脚の筋肉が衰えやすくなるんです。歩くことの少ないデスクワークの人も要注意で、脚がむくんで太りやすくなりますよ。一駅分歩いたり、なるべく階段を使うなどして脚を動かすことをしてみて。


NG⑥ペタペタ歩く

おブス脚の原因になっている9つの悪習慣! 当てはまったら今すぐSTOP♡の8枚目の画像

歩き方にも癖があり、いい歩き方は”かかとから土踏まず、つま先”の順で地面に着くことですが、上から脚を振り下ろすような歩き方をする人も結構多いですよ。足の裏全体を同時に着く歩き方は、脚に負担がかかるだけではなく筋肉がきれいに付かないので結果おブス脚に…。


ちょっとしたことも原因が!日常生活での悪習慣

おブス脚の原因になっている9つの悪習慣! 当てはまったら今すぐSTOP♡の9枚目の画像

直接的に影響はありませんが、回りまわっておブス脚になる日常のちょっとした習慣は気付いていない人が多いのかも。美脚になるためには日常生活から意識してみては。


NG⑦身体を冷やすような格好が多い

涼しい部屋で肩や脚を出していたりすると、巡りが悪くなって下半身が冷えてしまいがち。そうすると脚がむくむ原因にもなってしまいます。肌の露出がおブス脚につながっているなんて意外ですよね。肩や脚を出すのなら、お腹を温めたりして身体が冷えないような努力が必要です。

1
2

関連記事

今、あなたにオススメ
絶対見るべきローリエプレス記事5選♡